波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

諸星さんがいなくなった

私が 今従事しています K先生は、
わがセンター
2種類の勉強会と 親の会と 個別相談室を 
主催している。

あと 私は、ついて行っていないのだが
先生の地元でも 勉強会と 親の会をされている。

私も センターで働く前 10年くらい前かな、
親の会に 一時期 参加していた。
そこに ある看護師さんも 参加されていたの。

えっと この方の次男くんが
ウルトラ警備隊の諸星弾くんに そっくりなので
以下 彼女を 諸星さん、
次男くんを 弾くんと呼ぶね。

そうそう、諸星弾くんといっても
ウルトラセブンの森次さんの方じゃなくて
ウルトラセブンの森次さん

こちらね。
諸星隊員


弾くんは、発達障害があったため
幼い時から ずっと 健診にひっかかっていました。

いろいろと 生きにくいとこがありましたが
1番なのは 大きいのは
耳から情報を取り入れるのが 下手なとこ。
耳からの情報

先生の声も ざわめきも
すべて同じ「音」として 入ってくるので
先生の言葉が 理解しにくいの。

授業中だと こんな感じなのね。
の彼授業中

たとえば あなたのまわりいる 5人が
同時に 別々な文章を 読み上げていると
考えて。

きちんと 聞き取れないし
やたら うるさくて いらいらすると思います。

そう、彼は いつも ストレスをためていて
いらいらしていました。

他にも 苦手なことや
過剰な反応するところがあったので
小学校では 常に 問題を起こしておりました。

細かく書いていくと
ほーーんとに キリがないので やめますが

しょうちゅう 諸星さんは、、、
学校から 呼び出しを受け
クラスメイトの家に 謝りに行っていました。

そんな時 スクールカウンセラーをしていた
K先生(社会福祉士)に 出会ったのです。
先生は 生まれながらの虚弱体質だったため
当時 この仕事を続けていくか 迷っていました。

そんな先生に 諸星さんは
「今のままでは うちの子の最後は
精神病院か 刑務所でしょう。
力を貸してください」と 言ったの。

それを聞いて 先生は 体が持つ限り
仕事を続けていき 
諸星さんを支えていくことにした。

2人は お互いの立場を使って
あらゆる手を使って 情報を集め
いいと聞けば どこでも行き 試した。

それでも 弾くんは 良い方向に変わらず
中学から 高校時代も トラブルの連続で
いや 事件というレベルが 連続で起きた。

まず 音が 原因で 口論になり 
学校やお店や公共施設で 暴れて
何度か 警察のお世話になりました。

また 幼い子を好きになり
近所の子に 付きまとったため
何度か 補導されました。

そして 鬱になって 引き篭もりになって
家族に 暴力をふるったり
カーテンや 布製のソファに 火をつけたりしたので
強制入院もしました。

先生も 立ち会ったそうですが
この時は、暴れて 本当に大変で
病院スタッフや 警察の方では どうにもならず
民間の移送サービスをお願いしたそうです。

そんな厳しい時なのに
先生が 主催する 親の会に
必ず 参加してくださり
いつも K先生の隣に いた。

『経験者が 語る』

そう、彼女の体験は 貴重だった。

親の会で 若いお母さんが
「今 うちの子は こーでして」と 打ち明けると
「うちも あったわ~
こうしたら うまくいったよ」と
いつも 即答されていた。

学校やご近所さんへの対応、
行ってみた病院や施設の良し悪し、
試した薬の効果や副作用など。
ずっと いろんなことに 戦ってきた 彼女だから
彼女の言葉には 説得力があった。



私は、『僕のお母さん』などで 書きましたが、
不完全な家庭で 育ったので
親になっても 自分自身や子育てに 自信がなく
友には いろいろと 相談にのってもらっていたのですが

ちょっとした 子どものトラブルに
おろおろいていました。

そんな時 友Kに出会って
彼女が 参加している親の会に
確か(自信なし) 長男が 大学1年生の時
参加しました。

彼女は、厳しくてねー
あたしが、「息子も 頑張っているので
うまくいくように 陰ながら
祈っています」と言うものなら

「祈って 目の前の問題が 解決するなら
あたしは 今すぐ 坊さんになる」と怒られました

親が まず 意地を捨てて
泥水を飲む。
親が変わらないと
子は変わらない。

何度も 何度も 言われました。


ある日、いつなのか 忘れましたが
K先生と 諸星さんは、
あのカリスマ医師・I先生に出会いました。

それだけないのでしょうが
先生と出会ってからは
弾くんは、問題行動を起こすことがなく
大学生活を送り

なんと 大学卒業時
彼は、、、、

誰もが 大成功!!!!!!
適職だよ!!!!という
会社に 正社員で 就職しました。

それから 3年
ずっと 上手くいってました。
その間の話を K先生から 聞いて
私は 何度も 喜んでおりました。

なのに 10月の 月初めのミーティングの時、
「諸星さんが いなくなっちゃった。
9月から ずっと勉強会に来ないし
10月になったら 連絡もつかなくなったのよ」と
K先生が 言った …


ここのところ ダイエット記事じゃなくて
ごめんなさい。


あなたの応援が
更新の励みになっております。
 人気ブログランキングへ←よろしくぅ(^o^)/
FC2 Management

初体験

9月になって メインの仕事、
K先生の勉強会が始まると
途端に 忙しくなる あたし。

そのうえ 秋の花粉症も始まったから
余裕ナッシング~~

でも 症状は 近年になく 軽いの。
これなら 今年は 点鼻薬のみで
行けるかもと思っていた。

そんな油断しまくりの 9月の最後の金曜日、
なーも 防御せず ウォーキングに行ったら
ひどい目にあったのよ。

くしゃみが止まらず 鼻水もだらだら。
頭も 痛くなってきたわ。

これじゃあ、ダメだと思い
薬局で 新発売の薬を買い 飲むと
もうすごい 眠気に襲われた。

といって 横になっても 眠れないの。
じゃあ どーしたらいいのか?と思っても
何も考えられず~の 
すべてが めんどくさい~の状態に。

薬の副作用って 怖いねー

そのまま グズグズと夜を迎え
この日は 旦那がいないので
長男に メールして 弁当を買ってきてもらい
早めに 寝た。

すると 夜中に
次男が、スーツを取りに帰ってきた。

「あー帰ってきた」と 思った瞬間、、、
人生初の 金縛りに。 

あたしって、すごい 怖がりなの。
あげると言われれば
なんでも もらうタイプだが、、、
霊感だけは いらない派。

だから こういうのだけは、
絶対に 経験したくなかったのに~

えっと えっと
こういう時は どーするんだったっけ。

そうそう、お経を唱えると良いと
聞いたことがあるわ。
声は出ないけど やってみよう。

ちなみに あたしの実家は、
『南無阿弥陀仏』派。

なのに なぜか 唱えたのは
旦那の家の方の 『南無妙法蓮華経』
なぜ こっちを 唱えたの?あたし …
自分の事なのに わからないわー

でも 無事に 解放されたー
宗派が違っても お経って 助けてくれるんだね。


そんなことを 翌月曜日、
センターで 寮母さんに 話していると
たまたま そばにいた 実家がお寺の職員さんが
『南無妙法蓮華経』って お経の中では 
最強クラスなんだよ と 教えてくれたわ。

あと 金縛りのメカニズムについて
教えてもらったわ。

金縛りって 霊は関係なくてね、
体調が悪い時 なりやすいんだって。

今回は、お経が効いたということじゃなくて
落ち着いたことと 口(体)を動かそうとしたことが
良かったんだって。

まだまだ 知らないこと 多いね。


今回 勉強になったけど
もう2度と 経験したくない。

となると まずは 体調管理。
花粉症の症状が出ないように
しばらくは ウォーキングは 控えよう~
また ドラマでも 録画して
それを見ながら その場ウォーキングでもするか。

あ、ところで 
今期 注目されているドラマは
なんだろう?

まず そこから 調べなくては …



あなたの応援が 更新の励みになります。
よかったら ぽちっ! と お願いします。
 人気ブログランキングへ

ちょっち泣いちゃった

あたしが、尊敬する 副センター長さんのとこに
最近 気になる子がいてね。

どういう子かと言いますと ん~

8月に うちのセンターに
『ホットロード』の無料招待券、
たくさん いただきましたので
寮母さんたちと 見に行ったんですけど …

この子、
この映画に出てきそうなタイプです。
なので、以下 ハルヤマ君と呼ぶ。
ほっとろーど1

ハルヤマは、昔の陽介と同じく
大人が嫌いでね、

可愛いふーこさんに
しょっちゅう うっとしいとか くそ豚とか
ぶっころすぞzzzzzz とか 言うし
物は投げるし 殴ろうーとする。

腹立つし まじ 怖い。
けど なぜか ほっとけない。

うざいと言われると 悲しいし
へこむけど、、、

なぜか 5秒くらいで 許している。

同時に あの子が 
「ばばあ 死ね」とか 言うと
生き方ヘタだなーと思い 可哀そうになる。

突っ張ってばっかじゃ 苦しいだろう?
ハルヤマ~甘えてみろと 言いたくなる。



でもね 今日ね 台風19号来るから
仕事 早仕舞のとこが多くて
ふーこさんも 早仕舞した。

センター近くに 何年か前に 氾濫した
でかい川があってね、
「心配だから 見てから 帰ろう」と
事務所で言っていると

この子が、「やめろ、少しは考えろ!」とか
「デブばばあは、なんか あった時
走れないだろうが、、、
行くな!馬鹿」と言うからさ

「行ったら 心配?」と聞いたら、
ふてくされながらも うなずいたから、
泣いちゃったぜ。



良かったら ぽちっ! と お願いします。
 人気ブログランキングへ 人って 変わるね。

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

Author:furufuru ふーこ
私は、53歳の主婦。
旦那、社会人の長男、大学院生の次男の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><