波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

このままで よろしく 

おはようございます。

本日の私 いつものメンバーで 1泊2日の温泉旅行に行きます。
今回の幹事は あの うっかりやのS、大丈夫でしょうか??
目的地は ワンダーランドだって???


さて 昨日は 仕事が 立て込んでいた上
今日からの準備に いろいろ 手間取ったため 疲れちゃったので
パソコンに触れず 早めに 寝てしまった。

今朝 起きて パソコンを立ち上げると

朝 登校して 教室に 入った途端に
男子に 「俺って お前みたいな顔が 嫌いなんだよな!
お前が いるだけで 不愉快だから 学校を辞めろ!

みたいな コメントを 頂いていた。

ビューティーコロシアムに 出て来られる相談者の気持ちが
よーーく わかりましたわ。なるほど。


残念ながら 私は このような人間でして 
また それを 恥ずかしいとも 思っていないの。
家族、友人を始め 自分の周りには 理解され 受け入られているので
この先も このままで 生きていくの。

なので 考え方や キャラ ブログの内容 一切 変える気がない。
過去 少々 変えようかと 思った時もあったが 続かないのよ。
お上や fC2さんから 注意を受けたら 考えるけど 
たぶん 来ないと思うし …

だから このブログが 不愉快な方は スル-して下さいませ。
あなたの中で 存在を消して下さいね。


勝手ながら しばらくは コメント欄 閉じます。
だって 管理人の私が しばらく パソコンに触れないんだもん。
無事 旅行から 帰ってきましたら また 公開いたしますので
宜しく お願いします (*・ω・)*_ _)ペコリ
スポンサーサイト

こんにちは 赤ちゃん

昨夜 弟のところに 初めての赤ちゃんが 
母子とも 元気に 無事に 産まれました。 。

弟は 再婚で 新しい奥さんは 若いのですが
弟 40歳過ぎでして 先のことを考えると ちょっと 心配。
まあ、2人 仲良く 子育て 頑張って欲しいものです。


産後 何年も経つのに ちぃーーとも 腹が戻らない 私の
本日の体重は 57.5キロ  じりっと きております。

昨日のご飯 
朝  野菜豆乳ジュース、コーヒー×2、りんご 1/2

昼  しゅうまい、豆のカレースープごはん、キムチ、白和え、
   グレープフルーツ
 IMG_2075.jpg

寒かったので レトルトのカレースープごはんにしたのだが
これがね~、自分で 作れば 良かったよ。

夜  うおすき鍋(ムツで)、れんこんと牛肉の煮物、熱燗
 IMG_2076.jpg


ところで 今 出産祝いって いくらくらいなんでしょうか?
姉としては いくらくらい 包めばいいのかね?
わからないぞ。

そうだ!ちょっと 皆様に聞いてみましょう。
もし あなたが 普通のサラリーマン家庭の主婦で
年に 4.5回会う 弟夫婦に 出産祝い 出すとしたら おいくら?

ちなみに 弟とは かなり 年が離れていて 
自分の時は 学生のため 出産祝いは もらってないが
うちのこどもたちは お年玉を ずっと もらっていました。

日曜日あたりに お見舞いがてら 
赤ちゃんの顔を 見に行こうと 思っておりますので
締め切りは 10月31日(日)にしたいと 思います。

お願いばかりで 申し訳ありませんが
アンケートに ご協力 お願いします
よm(。・ω・。)mろm(。-_-。)mしm(_ _)mく 



さらに ↓こちらも ↓ ぽちぽちっと お願いします。
 人気ブログランキングへ

僕の お母さん

日曜日 弟の赤ちゃんを 見に行ってきました。
赤ちゃんって 3200gも 初めから あると 
本当に しっかりしていますね。
とても 元気な 可愛い子でしたよ。

私の息子なんて 2人とも
2800g台で 産まれて来たので
髪の毛も 眉毛も ほとんどなく  
おしりの肉まで ほとんどなくて
鶏がらみたいだったわ。

よ~く 無事に ここまで 
大きく育ってくれたなと 思ったら
帰り道 つまんないこと 思い出した。

(これが グジュグジュした話で 長ーいんだ、
お暇な時にでも 読んでね)


私は、、、 夫婦喧嘩がたえない家に うまれ
母に いらない子だったと言われて 育ったので
自分に 自信がなくて 結婚は もちろん
こどもも 産まないつもりだった。

けど 旦那が こんな私を 
嫁にもらってくれると言うので
好きだったし 
あの家を 堂々と出られると思い 結婚した。

それでも 旦那に 私には 
こどもは 無理だから やめたいと伝えていた。

旦那は 初めは わかったと 納得してくれていたが
半年も経つと 「こどもが欲しい」と 言いだし
私を 説得し出した。

あんまりにも 熱心に 言うので
うっかり、、、、 
私でも 何とかなるかもと思い 妊娠した。

が どんどん お腹が大きくなると 怖くなってきて
不安いっぱいで 私は ものすごく 後悔した。

しかし 時は もはや遅しで、
困った私は 毎日 日に何度も 
「神様 どうか 私と 相性のいい子を
お願いします」と 祈った。

母に 何度も 本当に 相性が悪いと
言われていた私は
相性さえ 良ければ あとは 
努力で 何とかなると 思ったからだ。

生まれた 長男は 言葉の発達が 悪かった。
まず 1歳半検診で ひっかかると
それからは ずっと ひっかかった。

いろいろ 頑張ったのだが
3歳児検診では 3語文が 出ていないからと 
別室に連れて行かされ 注意と指導を受けた。

その頃 2歳違いで 生まれた 次男は 
まだ 1歳と言うのに
こたつの上で 歌って 踊っていた。
もし これが 普通なら 長男は かなり 遅い。

急に あせった 私は 
いいと聞けば どこでも行った。

けど どこに行っても 検査をし
遅れていると言われるだけで
原因も 対処方法も 教えてくれなかった。

半年経って 行った ある医療機関で
「母親の私の愛情不足が 原因の 自閉症」と
言われた。

これは のちに 間違いだと わかるのだが …

自閉症の原因は まだ 
はっきりと わかっていないが
現在では 先天性の脳の機能障害と
考えられている。

母親の愛情と 自閉症とは 関係はないのだ。
しかし 20年近く前は 医療機関の方でも
そう 思っていたようだ。

いきなり 白衣の職員に
「愛情不足」と 言われたが
愛情は ある、
その時の私には 自信はあった。

神様は 必死に祈った 
私の願いを 聞いてくださったようで
2人の息子とは 相性が良く
我々 親子の仲は 良かった。

私は 2人の息子が
大好きだった。

しかし 私が 「×××(長男)には 
愛情 ある方だと思いますが …」と 言うと 

担当職員は 「いくら あっても  ×××くんに 
それが 伝わっていなければ ないと 同じですよ」
と 言った。

担当職員は 愛情の伝え方が 下手な方、
たとえば 人並み以上の生活をさせることが
愛情表現だと思って 家庭を省みず
ただただ 仕事を頑張ったため
嫌われる 父親を 例にあげた。

愛情の伝え方を 間違えると
頑張っても 0だと。
100でも 1000でも 数字に 
0をかけたら 0 と言った。

この言葉は 私を 十分すぎるほど 傷つけた。
やっぱり 無理だったのか …と。
愛情もらって 育ってきていないのだもん。
愛情の伝え方 知らないのだよ、私は。

「私が 親になるなんて 無理だったんだ、
家族が欲しいなんて 馬鹿な夢 見ちゃったな」と
結婚で 知人1人もいない土地に来ていた 私は 
誰にも相談できず 何日も 何日も
1人 泣きました。

でも 泣くだけ泣いたら 開き直って
「泣いていても しょうがない、
腹をくくろう」と 決め

自分を信じず 人に聞きながら 人の真似をして  
普通だと言われる家庭を真似して
子育てして いくことにした。

雑誌や テレビで 「今の子育ては~」とか
「今時の こどもは~」なんていうのを 知ると
何でもかんでも 取り入れていましたね。

長男が 行っていた 保育園で 
ウルトラマン××とか
なんとかレンジャーが 流行れば
自ら 登場人物の名前を覚え テレビを見せ
休みには 遠くのスーパーでの
ショーを見に行きました。

実は うちの子、 
怪獣等が 人を襲ったり 
町を壊したりするのが いやで
本当は こういう番組 嫌いだったのです。

ドラえもんとか アンパンマンが 
精々だったの。

なのに 暴走した私が
レンジャーショーに 無理やり 連れて行きて
会場に 怪獣が 来ちゃったりするから
2人とも 大泣きでした。

こどもが 小学校に入ると 私は 
ますます 普通を意識して
水嫌いで 嫌がる次男にまで 小学生になったら
スイミングに行くのが 当たり前 と 
普通を 押し付けまくりでした。

それでも こどもは 
私のことを 好きでいてくれて 仲は良かった。
誕生日なんて 家族で 仮装したりして(笑)
楽しくやっていたの。

なのに 次男が 1年生の時 
誕生日の翌日に 学校で 
家でやった パーティーのことを話したら 

友達が とても 驚いたそうで 
帰ってきた次男が 
「俺ん家って 変わっているんだって」と
言ったの。

今の私だったら 
「そう!母さんが 変だから」と 言えるのに
当時の私は また パニックって
即刻 中止を決めた。

で、翌年は 旦那が 胆石で 入院していたので
親子3人だけじゃあ 淋しいだろうと思って 
こどもの友達呼んで 誕生日会をした。
幼き頃の長男の誕生日会 幼き頃の次男の誕生日会

結構 うちって 人気があって 
当時 毎日 10数台 息子の友達の自転車が
家の前に並んでいてね

何回も 「塾か なにか やられているの?」と
聞かれたくらい。
だから どっちの誕生日会も 賑やかだった。

けど ある年、
たぶん 息子が 誘わなかった子の母親に
「普通 女の子は するけど
男の子なのに 誕生日会やるなんて おかしい」と
言われた。

私は また パニックって
即刻 中止にすることにした。

なので うちに遊びに来ていた子に 
「君の家って 誕生日って どうしているの?」と
聞いた。

その子は 「外食」と 言ったわ。

それを聞いた私は
「そっかそっか、今時は そうよね~」 と
その年からは 勝手に 
家族の誕生日は 外食と決めた。

今と 全然 性格が違う次男は 当時 外食嫌いで
「今までみたいに うちで食べたい」と
何度も 言うのだが

私は、「だめだめ、普通のおうちは 
外で お祝いするのよ」と 聞かなかった。

そんなこんなの めちゃくちゃな私だったが
なんとか なんとか 時は過ぎていった。

ある日、どっちの子の時か 
キャンプか 修学旅行か 思い出せないが
相変わらず 普通はどうか?と 
私は PTAの集まりの帰り 
しっかりものの 教師の鯛子に

やっぱり バックは アディダス? 
それとも ナイキ? とか
私服は どれくらいのレベル? とか 
内緒の小遣いは 持たせるのか?と 
聞きまくっておりました。

鯛子は 何を 聞いても 淡々と
丁寧に 教えてくれました。

それで とても とても 安心した私は 
さらに 「最近ね こどもの友達が
土日でも うちに 来たがってね

うちは いいんだけど 
土日って 普通は いけないんでしょ?」と
次の質問をした。

私の住むところは 企業城下町なので
ほとんどの家庭が サラリーマン家庭だ。

そのためか 土日は お父さんたちが お休みなので
よそのおうちには 遊びに行ってはいけないという 
暗黙のルールが この辺には あった。

けど こどもも 小学校の高学年にも なれば
親といるよりも 友達といた方が楽しいため
こどもの友達は うちに 土日も来たがった。

うちの旦那は 当時 とても 忙しく
土日も 仕事でいない。
だから 別に来ても かまわないのだが
普通一般に こだわる私には
この暗黙のルールが破れない。

「ふーこ家だけ 勝手なことしないで」と
言われたくなかったので
「土日は だめ」と 言っていた。

しかし、ある日曜日 息子が
兄弟だけ(仲が大変いい)で 遊んでいると
庭の駐車場の車の陰に 誰か 隠れていた。

そっと 近づくと 息子の友達だった。
近くのグランドに 自転車を止め
中の様子を 伺っていたのだ。

そんなに うちで 遊びたいのだと思い
「絶対に 日曜日 うちで 遊んだと
言っちゃ だめだよ」と
しっかり 口止めして 息子を呼んだ。

なのに 小学生の口は 軽い。
日に日に 土日に 遊びに来る子が 増える。
こどもなり 考えるようで 自転車を 他に止め
こっそり来るのだか 家に 1歩入れば 大騒ぎだ。

家の前の道路に立てば
こどもたちが 遊びに来ているのが
まるっと わかる。
ばればれだった。

だから、 鯛子に 相談したの。

鯛子は 「別に 誰にも 迷惑かけていないから 
いいじゃない?」と 言うが
心配な私は 「けど 土日って
普通は だめでしょ」と 言うと

それまで 黙って聞いていた あのSが
「あのね、あなたって すごく 楽しい人だよ。
私 あなたといると 本当に 楽しいよ。
私 ずっと 思っていたのだけど
あなたが したいようにした方が
まわりは 楽しい~し、
あなたが 本当に したいことをした方が
家族も 楽しいんだよ」 と。

私は 思いがけない言葉に驚き
Sの顔を 黙って 見つめた。

すると Sは ニコニコに笑い^^ ^^
「大丈夫だから、 
あなたの好きなようにしても 大丈夫!」 と。

この時 Sが 
「人の目なんか 気にするな!」とか
「普通に こだわりすぎ」とか 言ったら
何にも 知らないくせと 反発しただろう。

でも そう言わなかった 
Sの この言葉が 嬉しかったので
私は 言葉に詰まりながらも
「いいのかな?大丈夫かな?」と 聞いた。

すると Sも 鯛子も 他の友人も
「うん」と 言ってくれた。

その時 鯛子は 
「あー、また こいつ 人を救ったな」と
思っていたそう。

鯛子は 何度も 言う。 
「Sは うっかりやで そそっかしいが
本人さえ 気付いていない、
人の長所を いっぱい 見つける。
 
そして Sは そのことを 
本人に うまーく 伝えるの。

だから 自分のクラスだけでなく 
他のクラスの生徒も
Sから 何か 一言言って欲しくて
掃除の時間や 放課後は、  
Sの周りを 多くの生徒が うろうろしているわ。

毎年ね 始業式の担任発表の時も Sが 
自分たちの副担や (なかなか 担任になれず)
教科担当だと 発表されると
生徒が やっーーたぁーと
ものすごい 歓声を上げるんだ!

Sって 本当に 優秀な先生なんだよ」と 
言うの。


さて 話は戻って 
私は みなに 丁寧に お礼を言うと
1人 別れて 駐車場に向かった。
この時 私は 生まれて初めて 
涙って こんなに 音を出すものだと 気付いた。

目からは ぼろぼろと 音を立て 零れ落ち
うつむきながら 歩いているから
ふとももや 床に落ちて ぽたぽたと 音がしたわ。

私は 駐車場に止めた車の中
ハンドルに 顔をうずめ
「いいんだって、いいんだって
私でも 好きなように 思うようにしても
いいんだって」と 泣きました。

すごく 心が 楽になった私は
その夜か? 2.3日後の夜か? 覚えていないけど
並んで テレビを見ている 2人の息子に
自分を 指差し
「私は 誰でしょう?」と 聞いた。

いきなり 聞かれた 2人は 驚いたようだったが
すぐに 長男が 「僕の お母さん」と 言った。
すると  次男が 負けるもんかという感じで
でっかい声で 「僕の お母さん」と 言った。

そうか、そうかと 言いながら
私は また泣いた  (←泣いてばっか)

私は 私はね 本当は 本当は 
ずっと お母さんに なりたかった。
でも 願ってはいけないことだと 思っていました。
けど 私 この日 お母さんになれました。

ありがとう 息子、ありがとう S!
そして ありがとう みんな。
IMG_2090.jpg IMG_2091.jpg
私の大事な子     (長男)と (次男) 


ふーこという ブログでの名前はね、 
矢沢永吉さんがいた あのバンド・キャロルの
『ファンキー・モンキー・ベイビー』に
登場する 女の子のことで、ファンキーな子で
ふーこなんだよ。



君は FUNKY MONKEY BABY ~♪
おどけてるよ
だけど 恋しい 俺の彼女
君は FUNKY MONKEY BABY ~♪
いかれてるよ
楽しいィ~ 君といればぁ ~♪  さ。

息子の友達が 時々 私のこと
「ファンキーな お母ちゃん」と 呼ぶから そうしたの。
おどけていて いかれていて けど 楽しい、
そんな私で これからも 生きていくの。

ぐだぐたした こんな長文、
最後まで 読んでいただき
ありがとうございました。

これからも このままの私で
ブログやっていきますので
よろしく お願いします (^○^)/


それでも 良かったら ぽちも よろしく!!
 人気ブログランキングへ ←これが 励みになるんだ。
 

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><