波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

病院三昧のえろい毎日

3/27日に ブロ友で ピグ友でもある
『どんぐりん』さんが、オフ会をするというので 
ブログ放置状態のクセに
ちゃっかり 参加させてもらった。

すると 会うなり
身体の事を聞かれたわ。
当たり前だわな~
ブログ あんなところで 放置しておけばね。

と、海より深く 反省し
即 ブログを更新するつもりだったが …
今年は あっちこっちの病院に 行っているから
忙しいんだ。

そのうえ、相変わらず 気が多い女なので
あっちこっち 出かけて さらに忙しい。

あほやん と 思うが 仕方がない^^



まず 2月は、某医科大で 
1センチ幅で CT 取った。

結果は、腫瘍の中に 血管は写らなかったのに
それでも 許してもらえず 1週間も 入院してね、
カテーテル入れて 「血管撮影」と言われたの、
がっくしよぉ。

で、他の病院へ 3つほど 行くが 
思うような結果をもらえず。
(放置していいと言う結果)

その間 寒いせいか 
血圧が高めで 主従医に叱られた。

1週間に 何回も 病院に行くので 仕事がたまり
泣く泣く 伊集院くんを呼び出す。

この子、本当に 優秀な子で 
あーという間に 仕事が片付いたわ。
おかげで 3月の半ば K先生の勉強会が
一旦 終わると ちょっと 時間が出来た。

この間を たまった家事をこなしたり
ブログを更新したりすればいいのに
つい つい 前から 行きたかったダルク
依存症について 勉強しに行った。

さらに K先生の勉強会の参加者の方より
私に 「個人的に会いたい」と
3名も 連絡をいただいた。

私でいいの?と思いつつ 会いに行くと
子どもさんの就職について 相談を受けた。

そんなこと、
なぜに わたしに?と思いつつ 流れで
ずっと 見学したかった 
某就労支援センターに 一緒に行った。

ここは、前々から 事務長の素敵な片桐さんから、
「あそこには 40代の時の副センター長さんに
そっくりな方がいる」と、聞いていたのね。

それに 先に ここへ相談に行った
私の友達K(勉強会にも参加してる)が

「なかなか 就職できない子とか
できても 転職ばかりする子ってね 視野が狭いから
同じ方法で 同じような職種で捜しているんだよね。
俺たちなら 視野をうまーーく広げてあげれる」とか

いろいろと すごいアドバイスをもらって 
息子さんが 無事に 就職できたと聞いていたので
ずっとずっと 私は、この方に会いたかったのだ。

会えば 想像以上に 素晴らしい方で 
しばし 入りびたる。


同時に あの陽介が行くことになった
某定時制高校の校長先生が、
また同じく 事務長の素敵な片桐さんから、
10年前の センター長さんに
そっくりだと聞いていたの。

だから、いそいそと 
陽介についていってみた。

そうそう、この校長先生の講演会に行ったらね、
なぜか ラジカセ片手に
小林旭さんの『熱き心に』を流しながら
登場されたよwww

なので、以下 小林校長先生と呼ぶね。



小林校長先生ね やっぱ すごいの!!
「あー、また 神に会えた」と 思ったわ。

すごい エネルギーのある方だから 
職員さんも そうだけど
ここに通っている生徒さんも
すごく 前向きなんだよ。

1人1人、どなたも 過酷な過去を持ってみえて
何度も 「死んだ方が 楽だよ」と
つぶやいただろうと思うよ。

けど、そんな辛い過去を乗り越えて 
もう1度 頑張ってみようと
ここの門をくぐった人を
全力で 適切に 力強く 応援するんだ。

1度会っただけで、
「くそ、このやろう~やるじゃねーかー!!!!」と
激しく思い  (←???)
陽介の様子を見る振りをして ここにも 入り浸る。

そのため、またまた 仕事がたまり 泣く泣く 
春休みの伊集院くんや亨を呼び出し 手伝わせたの。

おかげで あーーーという間に 仕事は片付き
浮かれ始めた3月の終わり 
新年度の準備のため 伊集院くんと
ホールの模様替えをしていた時、
事件は起きた!!!!

ホールの天井近くの棚の荷物を取らせようと
伊集院くんに 脚立に昇らせ
下から あーだーこうだ 言っている時
片桐さんが 伊集院くんに声をかけたの。

身体半分振り返った伊集院くん、バランスを崩し
脚立から 私の方に 落ちてきたんだ。

伊集院くんは、あの伊集院光さん似の 
100キロ超える 大デブさん。
その彼が、私の右足中心に 落ちてきたから
さあー大変!

走る 激痛!!

しばらくすると 私の右足は赤く腫れあがり
熱を帯びてきた。
IMG_4204_1.jpg
汚い足で失礼 

すぐ 隣りの病院に行くと
別に 骨には 異常なし。

が、が、翌朝 さらに腫れあがり
かなりの痛みが…
3日も 爆睡王の私なのに 
痛くて 夜中に 目が覚めたんだよ

あまりの痛みに 痛み止めをもらって飲めば
胃が痛くなるし
薬疹が出て かゆい。

腫れも ひどいので 自分の靴が入らなくなり
息子のクロックスを借りることに。

幸いにも 足の前の方が傷めたので 踵がつけれた。
なので ひょこたんひょこたんと
足を引きずりながらも
何とか 1人で歩き 頑張っていた。

が、少しずつ 腫れと痛みが減り始めた頃
朝方 思いっきり 今度は、足が攣った。
おかげで ふくらはぎまで 痛くて たまらなくなり
変な歩き方をしてた。

すると あっちこっちが 筋肉痛に。
なので 週末、夕食作りを勘弁してもらい
焼き肉に行くと 歯にかぶせていた物が取れてしまい
歯医者に通う羽目に …

わたくし まじ 満身創痍でござる…
 
 

おかげで 仕事は、また たまるし 
家の方の用事もたまった。
さすがに、嫌気がさし センターの台所で 
寮母さんとルリコさんに愚痴ると

優しいルリコさんは
「ふーこさん、今年 ついていないねー
確か、今 長男さんが後厄で 次男さんが前厄よね。

もしかしたら 厄災 ふーこさんの方にきたかも?
もう1回、厄払いに行ってみたら~」と
言ってくれた。

「そうかな~」と 半べそをかいていると
寮母さんが、「ルリコさん、いいのよ。
同情しなくても!!」と 言うのよ!!

「もう~、友達だと思ってたのに~~~
そんな言い方 ないんじゃないのぉ」と
文句を言うと

寮母さん 
「だって あんた 怪我したおかげで
事務長に あれこれしてもらえるから
毎日 浮かれているじゃん!!」と怒った。

(*>艸<) キャァッ

そうなの、
片桐さん、自分が 声かけたばかりに
伊集院君が落ち、私が 怪我をしてしまったと
大変 責任を感じて

もともと 優しい男だが
さらに めちゃくちゃ 優しくて
すごーく 気を使ってくれるの^^

事務室の入り口に立てば 即 「どうした?」と聞き
私が、「コピーをしに来た」と、答えると
「動かないでいいから、そこにいて」と、言い
さっさと かわりに コピーをとってくれる^^

食堂で会えば 椅子を引き
食べ終えれば 食器等を片付けてくれる。

一度など のろのろ 廊下を歩いていたら
後ろから 台車に 荷物を載せた片桐しゃんに
「台車に乗って 荷物の上に座りなさい」と
言われたわ~~~

1度は断ったものの 
いい男に「痛々しいから 乗って!」と
命令されりゃ~ M体質な私は、断れませんよ。

乗れば なぜか 私は 
「余命何ヶ月の美しい花嫁」になったの。

数多くの障害を乗り越え
やっと いっしょになれたのに
かよわいあたしが 不治の病に倒れ
彼は、そんな私を 車椅子に乗せ
満開の桜を見に連れて行ってくれるんだ~。

もうさ、もうさ、
涙なしでは語れない妄想の世界へ 1人 … 


あとね、あとね、
食堂の帰りなど、みんなで 移動すると
どうしても 足が痛いから 私1人が 遅れるのよ。

すると 先に行く片桐さんは 何度も 振り返り
「大丈夫か?」という 切なさいっぱいの目で
私を見るのよぉ。

くぅ~~
痩せていれば 「抱っこして!」と
頼めるのにな~~。

この頃の私は、動いていないから お腹がすかなくて
ほんと 食べてないのよ。
けど 運動不足だから 全然 体重が減らない!!

相変わらず 59キロ前後、
くぅ~~ なさけなーい。



自分、思うに そうは いいことはないと思います。
同時に 辛いことも そうは 長くないと思います。
馬鹿なり 51年も 生きて そう思います。 


やっと 足は完治しましたし
血圧も下がりましたし
今年は なぜか 花粉症
医者に行かなくても良かったし

腎臓の方は、ちょっと 保留中ですが
今は 毎日 えろえろっと
元気に過ごしております。

仕事の方も 勉強会が 5月まで お休みなので
ここのところ ちょっと 余裕が出来ました。

と いうことで そろそろ
ブログとダイエット 頑張ります。



という予定^^


良かったら ぽちっと 応援クリック よろしく!
 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><