波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

昔語り (陽介が大学に行きたいだって編)

あの陽介は、小さい時から 
連珠と宇宙に興味を持っていたんだって。

ある連珠の大会で 仲良くなった老紳士、
(以下 連珠爺さんと呼ぶ)
若き頃 大学で学んだ宇宙のしくみなどの話を
会うたび 熱く 陽介に語った。

また 亨たちから 大学は、
陽介が 嫌な思いをした中学や高校とは違って
自由で かつ 好きなことを学べると話した。

なので、陽介は、自分も 大学に行きたいと思い、
働き始める少し前 18歳の時 私に、
「大学に行こうと思ったら とりあえず 
いくら いるか?」と聞いてきた。

私は、長男や次男が、高校に入った時
「大学進学のため 300万 貯めておいてください」と、
高校側から 言われたことを思い出し
「理系だと 200~300万だと言うよ
けど 奨学金をもらえば 100でもいいと思う」と話した。

すると 驚いたことに 2年後 
「300万、できた」と、言ってきた。

たった1か月で 高校中退して 実家を飛び出してから
友達の家などを アッチコッチ 点々としてた間
アパートを借りるため 小金を貯めていたとはいえ
このスピードには 私は 驚いた。

それで、2人で センターの進学担当の職員さんのとこへ行った。
そこで、「希望は?」と聞かれると
陽介は、「『宇宙物理』か 『天文学物理』が勉強できるとこ
だめなら 物理を教えてくれるなら どこでも」と答えた。

私は、なんや?『天文学物理』って、
生まれて 初めて聞くぞ!!
それって 美味しいの?と バカなことを考えていると

職員さんは、「天文学って 学べるとこ 少ないんだよね」と
パソコンのモニターを 我々の方に向けた。

そこには、東京大学、京都大学、
東北大学、九州大学、東工大、名古屋大学 …
あと 私立大学が 4.5校 あったけど
すげーの一言の ラインアップじゃん …

さらに 陽介が、「連珠爺さんが 行ってた大学って ここ」と
東工大を 指を差したので 私は、軽く 気を失ったわ。

えええええええ!!!  
冗談だよね? もちろん 冗談だよね?
意識が戻った あたしの頭の中は、大パニックよ。

そんな私を 2人は 無視をして
「とりあえず 物理をかじれるとこ 目指すか …
親 当てにできないよな? 金には 余裕なし ね?
じゃあ 1年間 受験勉強頑張って 最初は、
入学金などが免除になるよう レベル低めの私立大へ行く。

そこでも 頑張って ガンガン 単位を取って
できたら いい成績を収めて 学費免除してもらって
さらに バイトして 先の学費を稼いで
3年になったら 学費の安い国公立に変わる。

そして、最後に 『希望の大学の院に入る』という
計画が決められていった。
どうも 陽介の知りたいことは、大学の博士課程レベルしか
学べないらしいよぉ。

と、と、いうことは、
大学受験に1年、大学に4年、大学院の修士課程で2年、
さらに 博士課程で 3年。
トータル 10年

えええええええ!!! 
今から 10年も???!!


馬鹿? 陽介、、おまえって ばかなの?
なんで 今から 10年間も 学生をするの!!!
宇宙のことなんか学んで それで 飯喰えるの?

もうさ、もうさ、大学で 宇宙の入り口だけ 学んだら
あとは 図書館とか プラネタリウムで いいじゃん。
そうそう、うちの本棚の百科事典に 宇宙っていうの あったわ。
あれ やるからさ~ なぁ? それでいいじゃん。

ああ~~~ どーーーするんだよ、あきちゃんのことは!!!!
10年も 待たすの? 彼女、30過ぎちゃうじゃん。
そんなの ダメだからね。
あたし、絶対 認めんぞ!!

と、頭に来た私は、敷地内に 不審者を発見した
ドーベルマン並に吠えたわ。

すると、陽介は
「もちろん、あきのことを 1番に 考えていくよ。
あきとは、ぜったいに 一緒になりたいもん。
それにね おれ 行けるとこまでいいんだ。
別に 最後までいけなくてもいいと思ってる」と、答えた。

そっか、そっか、なら いいか~
だいたい 大学 行ってみろ~ 
遊びの誘惑多いし~
スケベな お前なんか すぐ あきちゃんを 孕ませるだろうし~

そうは 思うとおりに いきませんよぉと
意地悪なことを考えて 納得した。


次に 私と陽介は、陽介が学べる場所をさがしに
予備校とか~ 定時制高校とか~
通信で学べるとこに 資料を請求したり~した。

結果、1番金がかかるが
1番勉強に集中できるのは、寮制の予備校。
有名なとこだと 1年で 軽く 300万は飛ぶが
身の回りのこと全部してもらえるので 勉強だけしていればいい。

あとは~
1.実家に戻っての宅浪。
2.働いていた会社に バイトで雇ってもらい 
 寮に住みながら 予備校等へ通う。
3.前いた副センター長さんの家に戻って バイトしながら
予備校等へ通う。
4.愛しい彼女の家に 転がり込んで これまた
バイトしながら 予備校等へ通う … かな?

私は、陽介は 絶対に 
毎週末ごと 泊まりで遊びに行き
もはや 家族同様になった あきちゃん家を選択するだろうなと
思ってた。

なんといっても H付きだもん^^

が、陽介は、副センター長さんに教えられた
例の小林校長先生がいる定時制高校に行くと言った。

ここって、寮に入れて 昼間 学校内で働けて
夕方から 授業受けて 
その後も 先生方が残って補講してくれるので
夜中まで すげー勉強できるだって。
(もちろん 普通のコースもある)

住むとこも 学ぶとこも 働くとこも 同じだから
無駄がなくて 効率はいいんだけど、
1人分の仕事を 3人で分けるらしいから
寮費とか 学費とか いろんな経費を引くと
手元に残って 自由に使えるお金は 1万円もないんだって。

そうなると 食費として 使えるのは
多くて 1日300円?いや 200円か?

そんなのあかん、あかん!!

私は、2人の息子や その周りの子を見てて 
受験というのは 最後は 体力の勝負だと思うの。
平日の昼は、学校から メシが出るとはいえ
使える金が 1日2~300円しかないなんて あかん!!

だってさ たとえば、校外模試を受けるため
地下鉄等を利用したら もう その日は
なーも 食べれないことになるじゃん。
あかん、あかん、そんなの 絶対にアカン!! 

すごい寒い冬の日だって、カイロ1つも 買えないじゃん。
パンツが ある日 急に やぶれたら どーするの?
それで インフルエンザにかかったら どうするの?

ねえ、1年くらい 人に甘えたっていいじゃん。
前の会社の社長さんだって 
副センター長さんだって
あきちゃんの家族だって 
ぜひって 言ってくれたじゃん!!

たいていの 受験生は、親の家から
親の金で 高校や予備校に通い
親に 身の回りのことをやってもらっているのだよ。
勝てるわけないじゃん!!馬鹿!

頭に来た私は、敷地内に 不審者を発見した
狂犬病にかかった ドーベルマン並に
ぎゃんぎゃん 吠えたわ。



あ~~、長いわね。
ごめんなさいね。
でも 昔語り編は、ずっと 長いと思う。
いやな方は、スルーしてね。お願いします。


一旦 ここで 更新だ!!

えい!


 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ふーこさん お久しぶり(^^ゞ
いつのまにブログ復活してたの~???
ぜんぜん 気づいてませんでしたwwww
しょがないので 残業続きの体に鞭打って
さかのぼって さかのぼって 読みましたよ
怒涛の一年だったのね \(◎o◎)/!
そして みんな みんな がんばってたんだと
パワーいただきました

そうそう そちら方向にいます うちの息子さん
そうとう そちらが気に入られたようで
特別にもう一年在学できるように 単位をひとつだけ落として
留年された模様です (T_T)
そこの大学 留年率高いとは来ていましたが
三年からの編入も いろいろ大変とは聞いてましたが
やってくれました・・・
そんなに長くいるんなら 絶対~ また遊びにいきます

陽介くんが♪ なんか すごくうれしいー!

ふーこさんのブログに通い続けてはや何年?の私。以前 その子の個性に合わせた勉強方法を とかカキコされてたでしょ。読んで・聞いて・見て覚えるとかね。その時、陽介くんの ヒラメキとか頭のキレの良さとかを「進学しないなんてもったいない」ってカキコされていましたね。 頭脳があってもタイミングその他で なかなか「上手くいく」っていかないのがそれぞれの人生なのか とちょこっと悲しく思ったりしたことも。でも寮付きの職場や 彼女さんに恵まれたり ふーこさんをはじめ センターの方々に見守られての様子をカキコで拝見して安心したり。

そ・れ・が 自分で「大学で学びたい」と思えるようになっているなんて!!!

ふーこさんのカキコを見ての 心の中での応援でしかないけれど みんな頑張ってー って 本心です^^
久しぶりすぎて どのHNだったか忘れてしまったので名無しで^^;

ふーこさん ありがとん♪ 私も幸せです♪

返信

どんぐりん さんへ
どんぐりん さん、お久しぶりです。
お忙しそうだが 元気?

長文が多い わがブログをさかのぼるのは
さぞかし 大変だったと思います。
すいませんでした。

たった1つで 留年っすか、
お可哀そうにv-406
しかし 今時の子は なぜ そんなに 
学校に行きたがるのでしょうか?

うちの次男も 浪人してるし
さらに 今 院にもいってるわv-406
陽介も 大学に行き出した。
まったく わかりませんわ。

まあ おたがい 元気でいて
金策 がんばりましょう~~

ぜひ また お会いしましょう。
先日 あんこさんと のんさんに会った時
どんぐりんさんに会いたいね~と言っていたんだよ

返信 2

名のない あなたへ
ぶーぶー言ってますが
あたしも とても 嬉しかったです。
あんなに 学校のこと
嫌っていた子が 行きたいというなんて …

いえいえ、あなたの応援
きっと 陽介に届いていて 力になっていると思います。
見えないパワーと呼んでください、へへ

こちらこそ ありがとう~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><