波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

昔語り (人を 変えることは できないが… 続編)

たとえばね、
蟹子さん(仮名、私と同じ蟹座だから)を 例にして 話すね。

蟹子さんには、
娘さんがいて この娘さんが 小学校の時
いじめにあって 学校に行きたくないと言い出したの。

蟹子さんが、「何があったの?」と 聞くと
「友達のA子ちゃんが、B子ちゃんのことを
嫌いだと 私に 言ったのに そのあとも 仲良くしているから
A子ちゃんに B子ちゃんのこと 嫌いなんだよね?と
言ったら それから 2人とも 意地悪するの」と。

それで 蟹子さんが、
「B子ちゃんがいる時に 嫌いなんだよねと聞いたの」と聞くと
娘さんが 「そうだ」と答えたから

蟹子さんは、「全部 あなたが悪いんじゃないの、
A子ちゃんたちが 意地悪するのは 仕方がないわ
明日、学校に行って あやまりなさい」と言ったの。

で、娘さんが あやまったので、この件は 解決したんだけど
そのあとも 「娘さんだけね」と お菓子をもらえば
「あたしだけねと お菓子をもらえた♪」と話すし

音楽先生が 「娘さんが クラスで 1番歌が上手い」と
言われれば 嬉しくて そのままを すぐ 話す。
本人は、決して 自慢しているつもりはないのだが
周りは、そう思わず … ですよね。

また 正義感が強く こだわりも強いので 
規則を破る人を許せない。
学校に 漫画を持ってきた子を 感情的に
責めたりする。

だから 娘さんは、クラスで 浮き
誰も 話してくれなくなってしまい 
学校に行けなくなってしまったの。

娘さんは、学校の勉強は とても できたので
蟹子さんは、どうして 娘さんが 空気が読もうとしないのか
不思議だったのね。

どうして こう言ったら 相手が どう思うか?と
考えないのか 不思議だったの。

でも 彼女は、一生懸命 アドバイスするのよ。

とにかく 学校に行け!と。
誰とも 話さなくてもいい。
ただ 椅子に座って 授業だけ受けていればいいと。

すると 娘さんは 一切 蟹子さんと話さなくなり
家で暴れるようになり 自分の髪の毛を抜くようになった。


娘が 学校行かないし 問題行動するし
周りは、蟹子さんの育て方が悪かったと言うし
蟹子さんは、困り果てて いろんな 機関を訪ね歩いて
紹介の 紹介で うちのセンターに来た。

担当した K先生は じっくり 話を聞いたと
「あなたの娘さんは、やらないのではなく できないのです。
そして どうしたら できるようになれるのかが 
わからないのです。
アスペルガー症候群を知っていますか?」と 言われた。

蟹子さんが、知りませんと 答えると
K先生は、「1度 読んでもらえませんか?」
ある小冊子を 彼女に渡した。
小冊子
さらに 「私 親の勉強会を主催しているんですが 
それを読んで 興味を持たれましたら
1度 参加してみませんか?」とも言った。

蟹子さんは、すぐ 親の勉強会に参加し始めたの。
初めは、受け入れられないことばかりだから
ちょっと K先生に きついことを言われたりすると
怒ったり 泣いたりしてたんだけど 少しづつ 変わっていったわ。

自分でも どんどん 勉強されてね。

すると ある日、副センター長さんが 蟹子さんに
「お母さん、あなたが 
娘さんの通訳になってもらえませんか?

アスペルガーについての深い理解者が
通訳になって くれると
アスペルガーとのコミュニケーションに
不慣れな人たちとの 架け橋になってもらえるし
誤解やトラブルを避ける 手助けができます。

通訳がいれば 娘さんが 周囲と折り合えるよう
娘さんが 理解できない 表現やその相手の心情を 
わかりやすく 説明したり、
その場に合った 適切な行動を
無理のない範囲で 指示してもらうことができます」
みたいなことを 言われた。

それからの蟹子さんはね 娘さんには
単純に「~しなさい」と 言うのは やめた。
「あなたには 無理。やめなさい」
「普通は こうなんだから 私の言う通りにしなさい」は
やめたの。

最初の A子ちゃんと B子ちゃんの話が 改めて出た時、
「お母さんは こう思うんだけど
間違ってたら 言ってね。
娘さんは、A子ちゃんが 
B子ちゃんのことを 嫌いって 言ったのに
そのあとも 仲良くしているのが
不思議だったの?」と 聞いたの。 

すると 娘さんは「うん」と 答えたから
蟹子さんは 「だから 聞いてみたの?」と。

娘さんは、「うん、だって 嫌いなんでしょ?
なのに 仲良く 話してる。おかしいよね?

そのあと 私のこと 大嫌いと言って 
私とは 話してくれなくなったのに …」と。

長くなったので この話の続きは 次回にするが、
この時 2人は たくさん 穏やかに 話したんだって。



ね、蟹子さん 変わったでしょ?

蟹子さんの 考え方が変わるとね、
まず 蟹子さんから出てくる言葉が 変わるの。
娘さんに かける 言葉が変わるの。
そして 娘さんへの態度も変わるの。

人を 変えることはできない。
でも 自分を変えることはできるの。
それは、我慢することでもないし 耐えることでもない。
ましてや あきらめることでもない。

自分の見かた、考え方が変わると
自分から出る言葉が 変わり、
自分の 相手に対する態度が変わる。
すると 自然と 相手も 変わるんだって。

まあ~ 確かに キツイことばっか 言う人には
つい こっちも キツイ言葉を 返すし
言っても 無駄だと思う人には 話す気なくなるもんね。


マザーテレサは 言う。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。




だからね、私が 亨とお母さんとの関係を
何とかしたいと 願うなら
私が 変わらないといけないのよ。

いつまでも 「わかる その気持ち~」じゃ だめなのよ。
「うちの親も そうだったよ」じゃあ ダメなんだ。

じゃあ、どうするか だ。

私の尊敬する 副センターさんは
「相手を 知ることだ」と 言うんだ。

次は そんな話なんだが こんな長文
最後まで 読んでくれている方 いるのかな??

一応は 40%は ブロ友さんへのお手紙で
残りの半分は 自分の備忘録なんだが。
だ~~れも 読んでなかったら 
ちょっと 悲しいぜ。


「あたし、しぶしぶだったけど 最後まで読んだよ」という方が
おられましたら ぽちっと バナー クリックしてください
10票以下だったら 今まで書いたことがない エロ話を書くか

 人気ブログランキングへ  ←m(._.)m お願いします
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いっぱいお話きかせてくださいな。自分も成長しなくてはいけないと思います。幾つになっても学習して素敵な熟女になりたいわ。

読んだよ 読んだ 最後までしっかり読みました
また 続き待ってるからね 
最近 習いに行ってる 気学もね(あれですよ 一白水星とか)
その師匠さんが語るには 最後は(かなりはしょってますけど) 自分がかわる って事にもっていくのですよ
頭ではわかるんだけど 心の中で葛藤がありましてですね・・・
今の私の悩みは どちらかいとうと職場の方でしてね それとなかなか相容れなくて つらい(T_T)

返信

鍵コメさんへ
いつも 読んでくださり ありがとうございます。

実は 母のこと 書く時は
いや ダイエット以外のこと 書く時は
いつも 泣きながらで 悩んで 迷っています。
けっこう 辛くてね

でも あなたのコメントで
また 頑張れそうです。

ありがとう

nonoさんへ
そっか、頑張るか、と 思う コメント
ありがとうございます。

感謝しております

返信 2

どんぐりん さんへ
あ、読んでくれた。
ありがとう。

まってる?
ありがとう。

結局 自分だと 言われますよね。
うん、うん。

あたしも なかなか 相容れなくて 辛いっす。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><