波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

日陰者の価値

昔、センターに来ていた子が
陸上自衛隊に入ったの。

ずっと 忙しかったらしく 昨日
お祖父さんのお葬式のため 3年ぶりの帰省。
で、帰る前に ちょっと センターによってくれたのね。

私が 「実家に帰ったの 3年ぶりか~ 忙しいね。
最近 いろいろあるから 仕方がないけど
無理をせず 体大事にしてよ」と言うと

彼が 「俺たちが 忙しいのは いけないんだけどね」と
さびしそうに 笑いながら 言うから 
ふと 防衛大学の第1回めの卒業式で
吉田総理が 述べた 訓示を思い出した。

あ、これね↓ 
東日本大震災の画像が使われています。
まだ 見るの 辛い方は 3:50あたりから 見られるか
下に 訓示 書いておくので パスしてくださいね。

陸上自衛隊 (BGM:Headlight Taillight)


君達は 自衛隊在職中、決して 国民から感謝されたり
歓迎されることなく 自衛隊を終わるかもしれない。
きっと 非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。

御苦労なことだと思う。

しかし、自衛隊が 国民から歓迎され ちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて 国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し 国家が 混乱に 直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が『日陰者』である時のほうが、
国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。



自衛隊をつくった張本人の言葉だもんなぁ。
それも、実は ご本人も 極度の軍隊アレルギーであったそうで、
その「耐え難きを耐え」は いかばかりだったか …

今も 黙々と作業される自衛隊の方々がいます。
ご苦労様です。




あなたのポチが 私の更新の力になります。
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><