FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

あたしも未来をみた

旦那と長男が、土日 いなかった。
土曜日は、なんとか なったが
日曜は さすがに 食べるものがなくなったので
買い物に出かけた。

1人 とぼとぼと 寒い中 
誰も待っていない 自宅に向かって 歩いていると
言いようのない さみしさを感じた。

旦那は 私とは 年が離れているし
子どもは 都会で働きたい息子2人だ。
 
いつかは 独居老人かな?

子どもが 幼い時は 
あーんなに 欲しかった 1人だけの時間。
今は 有り余ってきている、ふぅ~
(なら、掃除しろ!という声は無視~

ブロ友のハム子さんと同じく
近い将来を見てしまった。


↓ココからは まねっこの妄想未来図。
(とある 老人ホームにて)

昼ご飯の後 
羊羹丸ごと1本に かぶりついている あんこちゃんの隣で
ビールを飲んでいると ちっこに行きたくなった。
最近 ますます トイレが近いわ~いやね~

トイレに行くと 老眼鏡があったわ。
ひゃだ!ないわ~と思っていた 老眼鏡、
こんなところにあったわ~もう~と 思いながら
老眼鏡をかけて 戻ると

ハム子さんが ヒグチさん(誰?)に
「老眼鏡がない」と 訴えている。

「やだやだ、ハム子さんったら 
最近 物忘れが酷いんだから~
でも 老眼鏡みたいな 大事なモノ なくす?」と
あんこちゃんに言うと

羊羹を食べ終えた あんこちゃんは、
お茶を ずずっと飲んだ後 頭にのせていた老眼鏡をかけ
「ホントよね」と言った。

それを見て ヒグチさんは、ポケットから 老眼鏡を出し
「これでしょ、給湯室にありましたよ」と言うと

ハム子さんは、「そうそう、これ。
ありがと、ヒグチさん」と 大喜び …


ヒグチさんは、思う。
たぶん あんこ。さんは 給湯室に 老眼鏡を忘れ
テーブルにあった ふーこさんの老眼鏡を 自分のと思い

ふーこさんは、トイレで 見た 
ハム子さんが忘れた 老眼鏡を 自分のだと思い

ハム子さんは、新聞読むため トイレで使ったと言いながらも
給湯室にあった あんこ。さんの老眼鏡を 出すと
自分のだと思い込んで 喜んだわ。

相変わらずの 3人だね。
でもいいの、あの3人 何も覚えていないから。

また 間違い合って 
1週間後には 手元に 自分のが来て 
「最近 文字が良く見えるの」って 言っているわ。ふふふ




素敵じゃん、老いるって~
1人じゃないなら 幸せだわ~
 



良かったら↓ ポチ↓と 応援してください。
 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

やっだ~
ヒグチくん(誰?)ったら やるじゃーん!
あたしたち 愛されてるね
へへっ♪

返信

おハム さんへ
そう、あたしたち 愛されているの。
きっと ヒグチくん(誰?)の手帳や日誌は
あたしたちのことで いっぱいでしょうね、ふふふ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ