波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

合格祈願

家から車で10分のところにある公園に
今年も カンヒザクラが咲いた。
カンヒザクラ
逆光で済まぬ。

カンヒザクラは、サクラの原種の一つ。
だいたい 旧暦の正月あたりに咲くらしい。
実家のあたりでは 見かけないので
こっちで 初めて 咲いているところを見た時には 驚いたわ。

それから 時が流れて 長男の高校受験の今頃、
不安いっぱいだった 私は サクラに頼んだ。

「貴方みたいに うちの子の合格サクラが咲きますように」と。

サクラは、「そんな~、俺 全然関係ないし~」と言ったが
私が、「他に この時期咲いている サクラ知らないから 頼む」と
言うと あきれたようだったが
私の太い腕を見て ビビったようで 願いをかなえてくれた。

それから 次男の時も頼み 2人の大学受験の時も
頼んだら 願いをかなえてくれた。
偶然かもしれないが 頼むのを忘れた 次男の現役の時は
願いは かなわなかった。

なので それからは 長男の就職試験の時も 次男の院試験の時も
友達の子の時も 幹に抱きつき 必ず頼んだ。

さすがに ブロ友さんの子のことを頼んだ時は
「だれそれ?匿名の子の希望なんか わかるか!」と 怒ったが
かなえてくれたわ~、やる~ 

けど~ おととし、調子に乗った私が 
センターの子達大勢を頼んだ時は、
「いいかげんにしろ!そんなに 大勢は無理」と
言われてしまったよ。

でも 誰も 削れない。
ん~ ん~

「じゃあ 全員の合格は あきらめる。
どんな結果が来ても その先の人生に 引きずらないよう
どの子も 力を出し切れるようにしてくれ」と 頼んだ。

おかげで 全員 第一志望合格とはいかなかったが
現在 皆 充実とした毎日を送っている。



今年も 昨日 サクラに頼んだよ。 
寒桜よ、頼む
 

東北の震災後 瀬戸内寂聴さんが インタビュー記事で
「願いを思い続けると 祈りは祈り続けると 
その想いは 念となって さらに 念は力となり 物事を動かす」と
言ってみえた。

だから 私は 毎日 忘れずに あきらめずに
願いが叶うよう 祈る。

あなたのことも あなたの子のことも … 

インフルにも罹患せず ノロにもならず よい体調で
どうか 力を出し切れますように …

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><