波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

母の本当の病気はなんだろう?

弟(母からは次男、クルマ屋さん)、父、母に
それぞれに 話を聞いた結果、

まず 母(ケガなし)が 弟に 車の修理を頼む

      

弟 消費税UPが近くて 忙しい

      

すぐ やってよ!と 命令する母に むかっとする弟

      

弟、事故ってばかりだから 保険は使えないぞ とか
物損事故だから良かったが そのうち 人をはねるぞ とか
免許を返せとか バックモニターをつけろと キツイ口調で言う。

      

だが 母の記憶に残ったのは
お客の母親に 偉そうに 言う 弟 と
バックモニターをつけると良いの2点のみ

      

母は 父に 弟の事と バックモニターのことを話す

      

母には 察してほしい病と
名称(バックモニターのこと)が出ない病がある

      

父は 母が 何を言いたいのか さっぱりわからず
「俺は 関係ないから」みたいなことを言う

      

母は 冷たくされたと思う

      

そんな時 父と事務員さんが 楽しそうに話しているのを見る。

      

母は 父が 自分に冷たいのは 浮気をしているからだと思い込み
父に詰め寄るが 相手にされない

      

で、私に 電話をしてきたようだ。


┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・


うちの『親の勉強会』で K先生が よく言われるのだが、
親子の関係の再構築は 親が 子より 早く始め
親の方が 子より 少しだけ多く 努力をすると
スムーズに そして 早く 出来るそうだ。

うちの 勉強会の場合も そうである。
かなり こじれた関係でも 100% 解決している。

理由は いろいろと 挙げれるが
私が 1番だと思うのは 子は 日々 成長できるが
親は 日々 老いていくからだと思う。

昔、K先生が 友Kに
「これから あなたの行く道は 地獄でしょう。
放り出して逃げても いつかは 地獄でしょう。
今か あとかの違いです。」と言ったことがあるが

うちの場合は 違うな …
私が 逃げていたために よけい 面倒になった。

母は 本当に 老いたよ。
もう 母の中には 
疎らにしか 入らないし 残らない。

思い込みも 強くなっちゃったね。
まったく 不思議な 思考回路だよ。
それに 人格障害も出て来たような気がする。
わめき出すと すごいんだ …

認知症の1つ ピック病なのかな~? 

私の尊敬する 副センター長さんが 
「我々は、通訳になろう」と よく言うが
母に どういう言葉で 話せば 母はわかるのだろう?

まあ、父が 
浮気していないことだけは わかったので 
愚痴を ふむふむと聞いて 帰ってきた。



なんか 疲れたな …

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><