波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

Kと片桐さんと 泣かないと決めた日

今回は 『鬱だったんだ』の続きです

私は、契約社員(1年契約・自動更新)だから
毎年 2月頃 男子事務員・小塚君に
「来年度は どんなふうに働く?」みたいなことを
聞かれるの。

我がセンターは 慢性人手不足なので
いつもは 勉強会が 休みの時は
私は 他の部署に お手伝いに行っていたが

勉強会に来ている友Kが 鬱になったため
副センター長さんの考えで
『鬱』について 学ばさせてもらうことにしたの。

Kだけじゃなく
勉強会に 参加している方の中にも
家族が 鬱になられた方が 何人かいるしね。


勉強会が 春休みの時は 準備が 間に合わず 
センターの隣の 病院の先生の話を聞いて
あとは もらった資料や本を読むくらいで 
終わっちゃったので 焦ったよ。

借りて 良かった本は 買った。
読んだ1部
ツレウツは、わかりやすくて いいね~


春休み明け 勉強会に来た友K、
すごく 調子が 良くなっていた。

鬱の人は なかなか 
自分では 変化に気づけないので
そういう時は 周りが 良い言葉にして
言ってあげましょう~と言われていたので

「先月より 顔色がいいけど どう?」と
Kに 言うと

Kは 「やっとね 私に合う薬の
ちょうどいい量が わかったのよ」と
嬉しそうに 答えたわ。

それに Kが 家事ができなくなったので
娘さんと旦那さんと なんと
あの鬼母 いや お母さんが
分担して イヤミなしで 
家事をしてくれているそうだ。

鬼 いや あのお母さんがねー
びっくりだよ。

そのうえ 前に書いたが Kの次男君、
2012年の12月から 引き篭もりだったんだが
急に 3月のある日 1人で
ハローワークに行き 仕事を決めてきたんだ。

いつだったなのか 
何の流れで 話したのか 忘れたが、
行き詰まっている彼に 私が
「したいことがあるなら 手伝うよ」と言うと

彼は、「家族に これ以上 失望させたくないんだ
動き出しても 自分の性分に合わなかったり
納得がいかなかったりすると 僕は やめてしまう

その度に 家族は 特に 親は
すごく 失望する。
それなら 何もしない方がいいと思うんだ」と
言ったの。

そんな彼が 自ら 動いた。

今なら、
家族の関心が みな 母親に 集中している
今ならと 思ったのかもしれない。

私の勘が そうだと言ったので
「災い転じて福となす」という言葉が
頭に 浮んだ …


6月になると 素敵な事務長の片桐さんが
「夏休みは 予定通り 鬱患者さんの会に行くの?」
と 聞いてきた。

あたしが、ハイと答えると
「じゃあ 2人で 打ち合わせをしよう」と
日にちと 場所を指定された。

場所は 資料室。
鍵がかけられる 資料室でー
2人っきりで 打ち合わせですって。


当日 資料室に向かう あたしの頭の中には
『他人関係』が流れる。
もちろん 昭和生まれのあたしは
一青窈さんの方じゃなくて 金井克子さんの方よ。


♪~大人同士の恋は 小鳥のように
いつでも 自由でいたわ~~♪


全身 爆発寸前のバクバクの心臓状態で
彼の前に 机はさんで 座ったんだが
クソ真面目で 超クールな片桐さん、
資料見せながら 淡々と 説明する。

┐('д')┌

鬱患者の家族会、鬱患者の家族のサロン(憩施設)、
医師による専門相談室、デーサービスがある病院とか
説明 大変 わかりやすいし
その場でそく アポ取ってくれた。

ありがたいけどね

σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

つまんねー

全然ね 素敵なことは起きずに
打ち合わせは 終わったよ。

でも 最後に 一緒に 部屋を出る時
「ふーこさんって すごく 共感性が高いんだよ。
それは 長所なんだけど 短所でもあるんだ。

相手の気持ちに 寄り添ってあげるのはいいけど
相手に ふりまわされては ダメだよ。

辛すぎる場面に 出会った時は
その場で 考えず センターに戻ってきて
考えるんだよ。

できるだけ 午前中に 動いて
午後 ここで 整理するんだよ」と
目を見つめながら 言うの。きゃー

あたしが 「大丈夫ですよ」と
( ー`дー´)キリッっと 答えると

彼が、「ほんと?
泣きながら 帰ってきそうで 心配だよ」と
言うから 胸が きゅーーんとした。

だから 「よーし Kが 寛解するまで
泣かないぞ!」と 決めたんだ。


この時は そう思ったんだ
確かに そう 思えたんだ…

つづく


あなたの応援が
更新の励みになっております。
 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

相互リンクお願いします。

初めましてキャビンと申します。

いつもブログを拝見させて頂いています。
いろいろ参考にさせて頂いています。

もし宜しければ相互リンクをお願いしたく
書き込ませて頂きました。
宜しくお願いします。

ダメ人間のリバウンドばかりのダイエットブログ
http://afdiet.seesaa.net/

キャビン さんへ
こんな あほブログ
見てくださり ありがとうございます。
参考になること あります?

相互リンク、OKです。
こんな あほブログですが
これから よろしくお願いします

ありがとうございました。

相互リンクの件、ありがとうございました。
いろいろ参考になることありますよ。
今後とも宜しくお願いします。

返信

キャビン さんへ
お返事、遅くなりました。
こちらこそ よろしくお願いします。
参考なること ありますか、
うれしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><