波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

リポ子の毒の功罪

今回の話は ほとんどが お金の愚痴なので
お嫌いな方と 元気のない方は スルーしてね。
愚痴好きさん(←いるのか?)と
お暇な方は 読んでください。
 

さて 子供を通じて 知り合ったリポ子は、
非常に よその家庭の事情を知りたがる。

旦那の勤務先、実家の経済状況、
子供の成績や志望校等々
もー なんでもかんでも 知りたがるのだ。

私は 会うたび
うんざりげんなりするので
いつも 避けていた。

でも リポ子が 
みんなの貯金の話をする時だけは
耳を ダンボにした。

だって
私は、大変 不器用な人間なので
子育てと仕事を 両立する自信がなかったので
かなり 長い間 専業主婦だった。

長男を生んだ頃 どこかで
「子どもを 大学まで行かせようと思うなら
高校卒業までには 300万 貯めておくように」
と 言われた。

なので それ以降は 節約して
子どもの2人分と住宅資金は 頑張ったのだが
それ以外の貯金は なかなか できなかった。

少し 貯まって やれやれと思うと
家電や車の調子が悪くなり 買い替えとなる。

たとえ 旦那が 昇給しても
あたしが バイトを始めても
子が 大きくなると 出費も増えるので 
全然 貯まらなくて
私は ひそかに 心配していたの。

しかし 子どもが 中学生の頃の飲み会で
リポ子の 話を聞くと
友Sや鯛子たちと そうは 変わらなかったので
安心した。

私は、安心したので
つい 帰り道一緒だった 友人Tに
そんな話をすると 友人Tは、
「うちも そんな感じだけど
安心して いいのかな?

鯛子たちは、子ども 3人じゃん。
それも 3人とも 優秀だから
今も これからも お金いるよね」と言う。

そう、鯛子のとこは その後、
長男が 県立の高校卒業後
東京の私立大学・法学部へ
次男が 県立の高校卒業後
関西の国立大学・法学部へ
長女が 私立の高校卒業後 関西の私立大学へ
と 何年も 大学生が 2人いる状態が 続いた。

Sのところは
長男が 県立の高校卒業後 一浪して
地元の国立の医学部へ
長女が 国立の高校卒業後 地元の私立大学へ
次女が 県立の高校卒業後 地元の私立大学へ
こちらは、3人 大学生という時代もあった。

友人Tは 
「でも 鯛子たちは 心配いらないのよ。
2人とも 夫婦で バリバリ働いているから
たとえ 今 貯金が少なくても
下の子が 大学卒業したら
がんがん 貯まると思うわ。

それに 彼女ら ずっと
正規雇用で 働いているから
3階建ての年金も 退職金も かける2でしょ」と。

そうだ、その通りだ。

Sは、2年前
鯛子は、去年 子どもは皆 社会人になった。
なのに うちは 来年まで 仕送りがある。
非正規雇用のふーこには 退職金はない。

大丈夫か?老後…

こちらを 参照すると
夫婦2人の場合
老後の標準生活費は 26万くらいらしい。

え?
老後って こんなにいるの?と驚いたが
今 ボーナス払いしているものを
月払いすると このくらいになるらしいぞ。 

それも これは 標準だ。
外食や旅行に行ける ゆとり生活をしたいなら
30万以上 いるらしい。

けど もらえる年金の合計は
うちみたいな 第2号と 第3号の組み合わせだと
18~24万らしい(←当時の話ね。企業年金は別)

いや~ん、足りないじゃん。
どうしょう~

と Tが 脅すので
酒が 一気に冷めてしまったぜ。

さらに Tは、言う。
「我々と同じく 母親が甲斐性なしでも
Iのとこは いいのよ。
子どもに お金がかからないからさ」と。

友Iのとこは うちと同じ年の男の子が
2人いる。

これは、最近のリポ子情報なんだが
この二人 地元の某工業高校に進学した。
ここ、めちゃくちゃ 就職率が良くて
2人とも 地元の優良企業に就職した。

すごーく 景気がいいらしく
すごーく 給料が良くて 
2人とも 毎月 5万~8万 家に入れるそう。


リポ子の計算だと
貯めておいた 学資貯金300万×2人分=600万
月5万×2人×12か月×4年=480万

リポ子 我々の子が 大学行っている間に
Iとは 1080万 貯金の額が違うーと言った。

私は、「ぶっぶー、残念でしたー
学費 300じゃ 足りないから
もっとよ」と 思ったが
へぇーと 軽い感じで 流した。


話は 子が 中学の頃に戻るが
友人Tが言った。

「イソップ物語 アリとキリギリス の話だと
我々は 今のままでは キリギリスよー

子どもは 2人だけど
無駄に 金はかかる。
なのに かあちゃんは、甲斐性がない。
このままでは 老後 真っ暗よ~」と言った。


私とTは その後 転職した。
私は 休んでいた 投資も 勉強し直した。

まだ 老後、
安泰まで いっていないが
あの頃よりは ましである。

リポ子は、いつも 毒をまき散らし
我々に いろいろと 迷惑かけるが
若い時に 現実と あたしの甘さを 
教えてくれたことだけは 感謝している。

が、

あとは だめだ!

次は そんなことを書く~



あなたのぽちっとが
更新の励みになっております。
 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><