波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

おれさ、俺なりにすげー考えている

昔 酷く悪かった亨や陽介たちは
その当時 非行少年とよばれていました。

この非行少年には、
犯罪少年、触法少年、虞犯少年が
あります。

でも ハルヤマは センターに来た時は
まだ 不良少年段階でした。

それも 連れてきたのが
副センター長さんだったので
ベクトルの向きが いい方向に
あっという間に 変わりましたの。

今は 学業の方も 追いつけたので
後は 彼を 周囲(母親とか担任)が
愛情を持って 適切な支援、指導いただければ
もう 心配いりません。


でも 不安な時や 困った時は
いつでも うちのセンターに
遊びに来て 相談して欲しいな …

と 思ってた私、
今年の1月5日 仕事始め
副センター長さんに 呼ばれた。

相談室に入ると
ハルヤマとお母さんが、いた。

お母さんは 去年のクリスマスのことを
前に ちゃんと お礼を言ってくださったのに
また 丁寧に お礼を言われる。

私が 「いやいや とんでもありません
あの日は 失敗ばかりで お恥ずかしいです」と
言っていると

ハルヤマが ニコニコ笑いながら
「俺、ふーこさんが あの時
高校行った方が いいというから
高校に行くことにした」と言うの!

えっ?!違う、違う~
私は 1度も おまえに
高校に行けとは言っていない!!
もう~~


私が リスペクトいたします 副センター長さんが
いつも 我々に 言うのが

「我々の1番 大事な仕事は 
相談者さんの登りたい階段の段差が
高すぎるなら 小さくしてあげることです」。

関連記事 『騙されたと思って1回やってみ

そして 副センター長さんが
次に 大事だと 言うのは
「選択の幅を 広げて あげること」。
そう、視野を広げて あげることなの。


実は ハルヤマは、お母さん大好きっ子で
1人 苦労している お母さんを いつも
自分がしたことで 喜んで欲しいと思ってて
特に 金銭面で 楽にしてあげたいと
強く 思っている。

でも ハルヤマは、
親が 離婚で ごたごたしている時に
学校に行けなくて 勉強面で
落ちこぼれちゃったの。

だから 彼は 学校というものの中では
自分は お母さんを 幸せにできないと思った。

同時に 同じクラスの女の子が
夜の街で 大金を稼いだと聞いて
夜の繁華街に出て~ もうけ話を探して~
トラブってね

そこで
副センター長さんに助けてもらったの。

で、いろいろあって
私の家で クリスマス会したのよ。

その時 ハルヤマが
「大人は おれが なーにも 考えてないと言う。

でも あのね
おれさ、ずーーと 俺なりに 
すげー  考えているんだ。
でも 聞いても 誰も
答えてくれない。

おま… ふーこさんが 初めてだったよ
俺が 真面目に聞いたことに
中学生が って 言わないで 答えてくれたのは。

だから おれさ、
俺なりに すげー考えた。
あんた… ふーこさんが言うように
つまんねー こだわり 一回 捨ててみる。

これからも ×× お願いします」と言った。

私 嬉しかったのに 上の↑××が
思い出せない。


1/5の日、私の目を まっすぐ見て 
愛しくなった あの子が 私に
「出会えて 良かった」と言った。

あー それ   
私が この世で 1番好きな言葉だ。


私、、、
彼の担当になれたよ。

今 すごく モチベーションが高いんだ!



あなたの応援ぽちが
私に 力与えます^^
 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><