波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

君に渡す国

昨日、あのハルヤマが センターまで
同級生の女の子と 来ました。

実は 前日に 三者面談があって
先日の期末の結果と通知表を もらったので
見せに来たの。

ハルヤマ、
うちにくるようになった 中2の2学期の中間は
1クラス32人中 28~9番目だった…

それから テストのたび
5位くらい あげていき
なんと 今回9位! 

人生初の 
といっても 15年もないけどさ(笑)
ベストテン入りですよぉ。

まあ~ いろんなことで 自暴自棄になってて
ふてくされて やらないだけで
テストも わざと 白紙で
出したりしててなので

ちゃんと やり出せば
早いだろうな~と 思ってましたが
ここまで 早いとは びっくりです。
嬉しい誤算ですよ。

これなら 第一希望の
あの工業高校 楽勝でしょう。


そして 一緒にきた女の子は
ハルヤマに 春休み 
「あいつの話を 聞いてくれないか?」と
頼まれた子。

当時 同じ 中2で
同じ 団地に住み
同じく 母子家庭の子。

この話というのが 難題で
最初は 無理だと思い
断ったのですが

「俺の時と同じに
中学生だから 中学生のくせにと言わないで
話 ただ 聞いてくれればいい」と言うので
会いました。

何度か 話を聞いて
少し 私の事 話しただけで、
実のところ 全然 解決してないんですが、
マイナスの方を 向いていた
彼女のベクトルの向きが 変わりました。

この彼女との2週間の春休みは
私にとって 本当に 勉強になりました。
また 書きます。(←書くの?書けるの?

で、彼女に
「私も 面倒 見てください」と
言われちゃったの。

あたしの能力じゃ 
2人も 無理なんですが、、
それも 受験生、、

が、K先生が フォローしてくれるというので
頑張ってみることになりました。

それで 4月から
ハルヤマが 行っている
市の無料学習支援教室に 行きだしたの。

ここは、退職教員さんたちが
勉強を見てくれるんだけど
ホント 良くて

あー ココの話も 書きたいな~

K先生の勉強会 休みの間は、は、
更新 出来るだけ がんばろう~
受験が近づけば
それどころじゃなくなるからね。

で 彼女
中2の学年末 22位から
今回 期末は 14位です。
クラスの下位から 中間に ジャンプ!

彼女は 家を出たいので
県外の寮のある学校が 希望。
このまま行けば
いろいろと 選択できそうです。


2人が 顔を輝かせて
未来のことを語るので
私は 嬉しい。

嬉しいのですが
私の心は 複雑で…


彼らは 今14才で
私は 54才。
ちょうど 40才離れています。

彼らが 20才 成人する時は
私は 60才。
サラリーマンなら
定年を迎えます。

数字だけを 見ていると
彼らが 大人になった時
今、50代の我々は 
彼らに 国を頼むのだ…と思う。

こんな国をね… 


昨日 安保法案 衆院委
可決されましたね。

新国立競技場 計画見直しするそうですが
どのくらい 減るのでしょうか?
でも あれって
建設費だけだそうですね。

周辺道路等の 整備費 入ってないのよね?
作った後も 維持費 いるよね?

わが市に 金食い虫・公共施設が 3つあって
美術館、サッカー場、あと1つ 忘れましたが
この3つで 年間維持費が 100億!
毎年 税金を使っているんだよ。すごいでしょ?

私の子は 2人とも 成人してて
選挙権もあります。
2人は それが なんだ!と
言いますが…

でも ハルヤマたちは ないんですよ。
我々 大人に任せるしかないの。
50代の大人が 将来 バトン渡す相手は、
今は まだ10代の子どもなんだ …

申し訳なくて 申し訳なくて
私 昨日は 2人の顔を
正面から 見れませんでした。


初めて 彼女に会った時
「大人は みんな
ガンバレ頑張れと言うけど
保証は 無いんでしょ?

私 何も 持っていないのよ。
こんな私が 大人になっても
生きていける?

生きてて この先
いいことある?」と聞かれて
私は 「あるよ」と 答えてしまった。


彼女が 大人になった時の この国は
生きてて いいことがあるのかな?
頑張った甲斐は ある?


 

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当に不安な将来ですが、どんな風になっていてもハルヤマちゃんも大人になって生活しているとふーこさんと頑張って良かったと思う日が必ず来ると信じてます。私も息子が高校の時にいろいろあったのでふーこさんが、近所の友達なら相談にのってもらいたかったよ。その息子も元気に大学通ってます。

建設費が高いほど維持費も高いと言いますものね。安保法案可決の件も
友達の子供さん達も何人か自衛隊入ってる。心配…将来どんな日本になるのでしょうね。

子どもの 言葉って ときおり はっとさせられるよね
良い事は 何? って聞かれたら あたし 答えられ無いかもしれない…(~_~;)
これから もし戦争があったとしたら 戦地ヘいくのは 法律をつくった大人ではなく 子ども達の世代 …
くれぐれも いろんなこと 慎重に 大切にしていかないとね

知り合いで 「今の時代 産んでも子どもの未来が可哀想だから
産もうと思いませんヨ〜」 と 言っている人が いたっけなぁ…
日本は 国土も海も 取られて 人間も 少なくなって 他国に吸収されて しまったりして… クワバラクワバラ

返信

鍵コメさんへ
まじ 泣いた。
ありがとう~

あたしも 死ぬまで
じたばた するー。

元気出たよ^^

返信2

Mさんへ
心強い コメント
ありがとうございます。

不安いっぱいですが
自分の足で しっかりと 立てる人になれるよう
残り半年 ハルヤマを 応援していきます。

息子さん よかったね。^^


自衛隊の方って 鬱で
辞められる方 多いんだってね。
上が あーじゃ 不安だろう。
困った、困った。

返信3

ふとにゃん さんへ
そう、子どもには はっととか
どきっとか ぐさっと される毎日です。

良いことか~

「お母さんたちみたいな
大人になれたこと」

本当に 大人って 楽しそう~
早く 大人 なりたい。
この国に 生まれて よかった。

これが 私の理想だなー

厳しいけど
彼の夢になりたいよー

とりあえず 彼らといられる3月までは
そばで がんばってみる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><