波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

算数の天才なのに計算ができない

今回の記事は 『念ずれば花ひらく』の続きです。

伊集院君は 亨や陽介がいた頃
彼も うちのセンターに通っていたが

彼のお母さんも うちのK先生の主催する
『問題をかかえた 20歳以上の子を
持つ 親の勉強会』に参加している。

何年前だったか お母さんが
「昨日 息子が 教えてくれたんだが
あの子 計算問題が苦手で センター試験も
指を使って 受けたんだって」と 言われたの。

伊集院君って 東北大の理学部を
卒業しているのよ。 
なのに 指を使わないと 8+3とか
6+7が 計算できないなんて???

びっくりした私は、資料室を 行き
参考になる本をさがしたの。
その1つが これ。
計算ができない子

この本の主人公、小学3年生のマックスくんは
カンタンな計算問題ができなくて
いじめにあって 悩んでいたの。
なんで、ぼくだけ 計算問題が

ある日~
マックス君の両親は
「算数のことで・・・」と
呼び出されるのね。

実は マックス君
高校生の兄の数1の 教科書を借りて 
1人で 代数を解いていたの。

マックス君が落としたノートを
たまたま 拾った先生が見て
それに 気づく。

聞かれた マックス君は、
「台数は 好きでやってる。
パズルみたいで 楽しいよー」と言うの。

これを聞いた ご両親は びっくり。
だって 九九も 怪しい子だったから。

台数って こーいうのだよー

a0xn+a1xn-1+…+an-1x+an=0

 ???? 

本によりますと 算数障害には
2つのタイプがあって

1のタイプは 数字の処理や四則演算が苦手で
筆算や暗算には つまずくけれど
数の概念が理解でき 数学的推論(文章問題)などや
数学的思考ができるタイプ。

2のタイプは その反対に
数の処理や四則演算ができても
数の概念が理解できず
数学的推論につまずくタイプ。

伊集院君やマックス君は 前者なのね。
1のタイプと 2のタイプって
視覚的に 指導したり
言語的 指導したりと
指導の仕方が 全然違うよ。

そもそも 数の概念が理解できているか
どうかということなんて
非常に わかりにくいことなのよ。

指導者に 導く力があるかないか
ヒューマンパワーというか
こういうのが 大きいと思う。


そんなことを ある日 事務室で話してたら
すべてにおいて 素敵な 事務長の片桐さんが

「俺にも わかりづらい 障害があって
でも 俺も周りも 誰も わからなくて
本当に 生き辛らかった」と言われた。

でも ある日
副センター長さんに 出会って
「あなた 今 生き辛いよね。
よかったら ここに おいで」と 言われたそうだ。


あの片桐さんに
昔 なにが あったの~と
思われた方は ぽちっと。
  更新の励みになります。

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><