波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

今回の記事は
前記事 『今や!』の続きです。


私が 書いた紙を ハルヤマが
お守りがわりにしていたことを聞いて
私は 胸が いっぱいになった。

ハルヤマは続けて 「俺ね、
最初 高校 行かないと言ってたけど
本当は 行きたかったんだよ」と言った。

私は 「そんなこと わかっていたわ」と
言いたかったが 口を開くと
涙が こぼれそうだったので
黙って うなずいた。

「母さん 泣きながら
高校だけは 行ってくれ と
何度も頼むんだ。

お金の事は 気にしないでいいから
塾にいけと 言うんだ。

でも 俺 ずっと さぼっていたから
塾に 行ったって
ろくなところに 行けないと思ってさ

それじゃあ 金の無駄じゃん。
必死に働く 母さんに悪いじゃん。
だから もう 決めたんだから
ほっといてくれと 言ったんだ」と。

私は ただ うなづく。


「俺さ スゲー馬鹿になってきてたから
昔の事や 先のことを考えると
すごく 怖かった。

けど ふーこさんが
今を 頑張れば 大丈夫と
言ってくれたので
俺 ここまで 頑張れた。

不安な時は 何度も
この紙を見たよ。
今や!

入試の面接、待っている時
俺 緊張して 足が震えた…

でも 紙出して ふーこさんの字 見たら
すげー 気合が入ったんだ」と
目を潤ませて 言うんだ。

私は嬉しくて
「私 おまえの役に 立ってたんだ」と 
泣きながら 言った。

すると ハルヤマが
「たった、たった、すげー なったよ」と
言ってくれたので 私は 号泣。 


ごうごうと泣く 私と
それも見て おろおろするハルヤマを
少し 離れたところで 副センター長さんが
ニコニコしながら 見ていた。

副センター長さん、
中島みゆきさんの『糸』じゃないですけど
私 太いだけで 
耐久性も 防水性(笑)もない 横の糸ですが

あなたが しっかりとした
縦の糸でいてくださったので
織りなした布は どうやら
ハルヤマの傷を なおせたようです。

私 嬉しくて たまりません …


桜井さんのカバーで 糸。


~♪ タテの糸はあなた ヨコの糸はわたし~
逢うべき糸に 出会えることを
人は 仕合わせと呼びます ~♪

さあ~ 次は 小梅ちゃんの番だ。
今や!と 気合入れて 頑張ります。

え? ダイエット?
それは 春が来てから や!


太い糸~ 頑張れと 思われましたら
応援クリック ぽちっとしてね。
  励みになります。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私も感動の涙です。

ふーこさんが居てくれて、ずっと見守ってくれて、

心強かったでしょうね。

私も支えて貰ってた時期が、ありました。

保健師さんでしたが、異動で担当者が変わって

相談に行くのが苦痛になって、行くのを辞めた事が

あります。

誰でも良い訳じゃなくて、

ふーこさんが居てくれ良かったね。

ハルヤマ君。


副センター長さんと片桐さんの関係も、
 
とても興味深く、

片桐さんの生き辛さに気付かれて、

的確に、解決に導く、これって、

生き辛さ抱えているものにとっては、

救いになります。

我が家も諦めずにまいります。

ふーこさんの想いに私も救われています。

ありがとうございます。

号泣しました

飲み会の帰り、酔って&年取って緩んだ涙腺で読んで電車の中で泣きそうになり、家に帰って号泣しました。
こんなに人を救える言葉を言えるふーこさんはすごい。
私は一生のうち何回かうちふーこさんみたいに人を救える(「救える」が大袈裟だったら「楽にできる」かな)言葉を言えるかな?って思いました。
今は人を萎縮させたり、不快にさせたりする言葉ばかりじゃないかと大反省。
頑張ってふーこさんみたいに人を救える言葉を言える人になりたい、って言うかなるよう頑張る!

センターの子供さんたちをわが子同然にに見守るふーこさん尊敬します。

返信

スパイスさんへ
そうかー
誰でも いいわけじゃないんだね。
そういえば 私も そうだしな~

初めは 不安でした。
力のない私でいいのかと。

でも 副センター長さんが
「あなたたちは ほんと 仲がいいねー
相性がいいんだね」と
何度も言ってくださったので 頑張れました。

副センター長さんと片桐さんの話、
すごいでしょ?
初めて 聞いた時は びっくりしました。

これからの出会いを 信じて
どうか あきらめず…
私も 遠くから エールを送ります。

返信2

reirinさんへ
まずは 過分に 褒めていただき
ありがとうございます。

実は 我が地方、
あまり ~や!と 言葉の後ろに
やをつけないのですが
この時は なぜか 今や!でした。

私も ど尊敬しています 副センター長さんは
いつも 人を 幸せな方向に 導ける
言葉を 言える方なんです。

私も そんな言葉を 1つでも 言えるよう
頑張ります。

返信3

M さんへ
私は 不完全な家庭で 育ったので
子どもは 無理だと思っておりました。

しかし 人は かわるねー
自分の子も よそ様の子も 
みな 愛しく 思えるようになるなんて~
自分に びっくりです。

よかった(´;ω;`)
本当に 良かった

センターのお話し 興味が無いわけではないの
どう 話したら良いのか 迷っているうちに
日が過ぎてしまうの… 

これからも ふーこさんの 無理のない範疇で
色々 話して下さいね

返信4

ふとにゃん さんへ
おー、読んでいてくれたんだ。^^
途中 間が空いたから
もう 読んでいないだろうと思っていました。
嬉しいです。

センターの話しは
先生には 許可を得ています。
が、心配なので 一部
内容変えている時があります。

性別替えたり
2人の人物の話を 1つにしたりね。

忙しい時は 休みますが
続くて行きたいと思っています。

そうそう 今
そちら 天気がすごいねー
心配です。

出かけられる時は 十分に
注意してくだされ~~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><