波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

波瀾万丈な 旅日記~博多での部屋飲み編~

旅日記は、初日まで 戻りまして
博多の夜 屋台から ホテルに戻った後は
部屋飲みをしました。

話は やっぱり カミちゃんの熊本での
あの大地震の体験話。

やはり まだ あの時の恐怖が
しっかり 体に染み付いているようで
聞いていて とても 辛かったです。

熊本では まだ 体に感じる地震が続いているそうで
まずは この揺れがおさまらないと
恐怖が薄れていく事は 難しいだろう。

1日も早く 揺れが 収まることを
心から 願います。


さて 旅というものは
日常を持ち込んだら いけないと思っているのに
年末から ずっと 母のことを
ぐずぐず 引きずっている私は
話題に出してしまった。

ほぼ 同じ年
同じ 50代の4 人
親とは 過去 いろんな確執があった。

なのに カミちゃんも ハム子さんも
決して 忘れたわけではないのに
今は 親を 受容できている。

未だ 母を受け入れられない私は、
ずっと できた理由が聞きたかった。

2人は 丁寧に
時には 笑いを混ぜながら
話してくれたのだが
納得できずにいた。

結局 もう少し 母が老いて(でも80過ぎ)
弱くならないと ダメかもしれない。

カミちゃん、ハム子さんのお母さんは
うちの母より 年上で
あんこ。さんのお母さんは まだ若い。


私は そう 思いながら
「過去に 母に言われて
1番 許せない言葉は

私は 母にとっては
望まない妊娠だったのね。
だから 堕そうとしたんだけど
堕りなかったから
仕方がなく 産んだんだって

こんなこと 本人に言います?
それもね 晩ご飯の献立 言うみたいに
軽い口調で 長々と 言ったんですよ。

私の母は それを聞いた私が どう思うか
そんなこと 一切 考えず
言える人なんだよ」と 言いますと

2人の方が 「私もそうだったよ」
「私も 同じこと言われた」と 言った。

私が びっくりしていると
「4人中3人が 同じこと言われているなんて
これって 凄い確率じゃない?
あの時代は そういう時代だったのよ」と
言われた。

時代か…

私も 考えたよ
あの頃は まだ この国は貧しくて
妊娠をしたことを 喜べない人は
いっぱいいただろう と。

でも あの時代は
子に 「いらなかった」と言える母親が
ゴロゴロしていたんだね
知らなかったよ。

心の底から 救われました。

私は 言われた言葉を 繰り返しながら
愚痴グチとした 私の気持ちに 寄り添ってくれる
3人に 感謝していた。

出会えて わたしは
本当に 幸せです。


2014年に 友Kが
鬱になったことが きっかけで
鬱について 勉強したの。

Kと片桐さんと 泣かないと決めた日

その時 出合った本の中で
1番 勉強になったのが
精神科医の高橋和和己先生の本
消えたい、本


その中で 先生は
「人生の幸せは 3つのことが
実現できていることだ」と 言われるの。
幸せな3つ

うん、
確かに 私は
今 幸せだ。


もし あの頃の自分に 会えるなら
みじめさで 押しつぶされそうだった
自分に 会えるのなら

親に 産まなければ 良かったと 言われた子は
あなただけじゃないよ。
この空の下には いっぱいいる。

まだ しばらく 時間はかかるけど
あなたは 同じ経験をした 何人かの人に 
出会えて 気持ちが通じ合える。

今の私は デブな ただのおばちゃんで
あなた がっかりしたかもしれないけど

今 私 幸せだよ。

時々 母の愚痴を垂れ流しながらも
笑えていてね
毎日 生まれてきて 良かったと
思っているよ と 言いたい。


最後に もう一度 言うね。
カミちゃん、ハム子さん、あんこ。さん
出会えて 本当に 幸せです。

これからも よろしくね。

貴方のワンクリックが
更新の励みになります。
応援クリック お願いします
  
にほんブログ村

追伸 『みんな 空の下~♪』

この歌の 2番を あなたへ

~♪ 言い返せなくて 悔しかったよね
1人で 泣いてた日々も 今につながって
大きな花を 咲かせようとしてる

小さな胸に しまい込んでいる
空に似た 大きな心
泣かないでって 大丈夫って
包み込むように 笑うんだ

星が顔を出し あなたが眠る頃
同じ空の下 願う人がいる
明日も あなたが 笑っていられますようにって
見守っているよ 遠い場所から

みんな 空の下~♪

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返信

鍵コメさんへ
私と 同じ思いを抱えて
生きてきたのね。
お互い 辛かったよね。

私「あの時はごめんね」が欲しくて
直接 ぶつけたことがあります。
が 遅すぎました。
忘れていたわ。

でも この人の記憶に ないならと
もう どうすることも できないんだと
あきらめがつきました。

つらい体験 教えてくださり
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><