波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

3月が無事に終わった

鬱とか 精神疾患を持っている方は
3の倍数の月が 辛いらしい。
3月 6月 9月 12月ね。

私の大切な友K、
去年の3月は、中旬まで 元気だった。
勉強会に来て 私のくだらない冗談に
声をあげて 笑ってくれていた。

笑顔の彼女を見て
私は 本当に 嬉しかった。


が 後半 体調を崩して 眠れなくなり
2年半前の 表情の 全くない状態まで
戻ってしまった。

私は 悲しかったし、
すごろくじゃあるまし
なんで ふりだしに戻るなんていうことが
おきるの!!と 病気に怒った。

その後 少しづつ 良くなってきたが
また 6月に 悪くなり
今度は 入院しないと ダメと
いうレベルまで 悪くなった。

しかし 本人が強く 拒否をした。

結局 「入院していると同じくらい
家で ごろごろ ぐーたらぐーたら
ぼぉーと 出来るなら しなくてもいい」と
言われて

彼女が 承諾したので
中止になった。

で、私に聞いてきた。

ごろごろとは ベットに入っていれば いいのか?
ぐーたらとか ぼぉーと過ごすって
どんな感じなのか?と。


実は 彼女には 病気になってから
こういうことは 何回も 聞かれている。

確かに 私は よく ぐーたらしたり
ぼぉーとしているが

これらは 「よし やるぞ」と決めて
やっているわけではないので
いつも 返答に困った。

前に 「やらなければ ならないことがあるのに
だらだらと テレビを見たり
ネットサーフィンしたり 妄想したりして
1日 無駄に過ごすこと」と 答えたら

「やらなければ ならないことがあるのに
どうして しないの?」と 聞かれた。

んー、こいつには なまけ心と
いうものが ないんだな と 困った。


なので K先生に任せた。
先生が 友Kに 話したことは
詳しくは知らないが

「まわりから 現在の自分が
どう評価されているかが
気になって しょうがないのね。
まず 罪悪感を捨てなさい」 みたいなことを
言われたらしい。

その後 友Kは 寝れるようになり
少しずつ 元気になってきた。


実は 先月は、
ひそかに 応援している
精神疾患を持っている ブロガーさん
お二人が かなり オチていた。

お1人の方は 入院し
もう1人の方は ブログをやめられた。

なので 私は 3月中 Kのことが
ずっと 心配だった。

でも 無事で 終われたよ。

これからは 空も 海も 木々も
どんどん 明るくなり
気分よく 過ごしやすいよね。
青空の彼方へ

K~、私 花粉症 良くなったよ。
昔みたいに お花見 行きたい
また そう思える私になったよ。


人は 変えれないが
自分は 変えれる。
過去は 変えれないが
未来は 変えれる …

今日から 4月です。
楽しんでいきましょう~♪


貴方のワンクリックが
こんな私の 更新の励みになります。

にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、55歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><