FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

どうしても嫌いな人

今回の記事は、
『自己管理ができる人できない人』
続きです。

あいだが入ってしまって
すみません。


私の母は、察してほしい病
かかっている 察してちゃん
この病気に かかっている人は
まず 頼まない 頼めない。

言わなくても 私の 今の気持ちを
わかってほしい~なのだ!


察してちゃん、
「どうしても嫌いな人」にも 出てくる。
どうしても嫌いな人

主人公のすーちゃんの従妹のあかねさん(30才)の
同じ職場の先輩が 察してちゃんなのだ。

この先輩(40才)、
パソコンが苦手のようで 困ると
「また おかしくなっちゃった」とだけ言う。

あかねさんは、2人しかいないんだから
仲良くやっていきたいと 思っているから
さっと 立ち上がり 教えてあげるだ。

でも 先輩は 頼んでいないから
あかねさんのおかげで 問題が解決しても
全然 感謝の気持ちがわかないようで
「あ、そっか。わかった」で 終わるのよ。

些細なことだが こういうことが
たびたびあるので
あかねさんは 彼女が嫌いだ。


私が 察してちゃんが 嫌いなのは
こういうところ。

だが もっと 嫌いなところは
ストレートに 「手伝って」と 伝えられないために
勝手に 気のきかないやつとか
不満を溜めて 八つ当たりしてくる。

だから 察して 動いてあげるのだが
でも 結果が うまくいかない時って あるでしょ?
そうすると 「頼んでもいないのに 勝手にやって
こんな酷い状態にした」と 言ってくる。

そこよー そこが嫌い


うちは ここ数年は 盆や正月に 実家に行っても
泊まらずに 帰ってきていたんだが
今年のお盆は、訳あって 泊まることになった。

父と母が 10日前後に 電話して
泊まるのかと 聞いてきたので
「泊まっても いい?」と 聞くと

父と母は 「いいよ~♪」と。
(2人とも うちの旦那と息子が 大好き)

が、母 「ここのところ ずっと 忙しかった」とか
「我々が泊まる 和室の縁側の廊下が
なんか わからないけど 物がいっぱいだ」とか
「最近 膝が痛い」とか グタグタ 言ってきた。

つまり これは 和室に 布団を敷くには
まず 和室にあるものを
縁側に出さないといけない。

そのためには 縁側にあるものを 先に
外の物置に 運ばないといけないので
私たちには 他の客が来る前に 来てほしいと
いうことだ。

そく わかったし
元々 そのつもりだったのだが、、

今年の正月と GWの旅行の時に
私に 任せると言った事に
あとから 勝手に決めて!と 文句を言われ
自分じゃ 出来ないくせに!と 腹が立ったので

気が付かないふりをして
「へー」とか 「ふ~ん」と言ってたら

「あなたたちが 前に 泊まった時に
くちゃくちゃに 布団を
押し入れに 仕舞っていったので
布団が 心配」と 言いやがった!!

旦那は 私と違って
掃除好きで 片付け名人。
いつも 彼の指揮のもと 和室も押し入れも 
来た時よりも 綺麗にして 帰ってきている。

母は それを いつも 褒め
ありがたがっている。
なのに…

母は 自分の思う通りに ことが進まないと
こういう ありえない
言いがかりをつけてくる。

カッとなった私が、
「押し入れ 見たの?」と聞くと
母、「見てない」と 言う。

はあ?? 

「見てないのに どうして、くちゃくちゃに 布団を
押し入れに 仕舞っていったと 言うの?」と言うと
「思ったから」と 言う。

はあ?? 

ブチ切れた私は、
「根拠のないことを 言わないで!!」
と 言って 電話を切った。


書いてみると 80過ぎの母親に
大人気のない態度をしているな と思うし
こんなこと よく 尊敬する 副センター長さんに
話したなーと思うが

母の このこと、、、
ずっと もやもやしてたんだ。

すみません。
もう少し お付き合いしてください。


貴方のワンクリックが
更新の励みになります。

にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんにちは。

うちは実母でなく義母ですけど、
ありもしないこと(嘘ともいう)平気で言うし、
都合悪くなると、人のせい、または忘れる(ふりか?)

頼み事も、察して的なことあっても、
はっきり言われなければやらないようにしています。
思い通りでないと、あとで難クセつけられるので。

私は実母じゃないので、割り切って、
こういう人だと、気持ちの中で切り捨てられるけど、
実母となると、そうもいかないでしょう。
難しい問題ですね。


返信

マリラさんへ
こんにちは。

お義母さま、うちの母に 似ていますね
この年代には 多いみたいです。

近々 切り捨てられるといいんですが
もう 90歳まで 生きるのは
当たり前の時代ですので

今、考えないと
今 後回しにすると
母95、70歳の自分が 泣きそうなので 
今 ちょっと 頑張ってみます^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、57歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><