波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。 いい女になるのって 大変

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワース観光

今回の記事は、前記事の
イギリスの食事を考察』の続きです。


グレトナグリーンで ランチ後は また
イングランドに戻り ハワースへ。

ハワースは、
「嵐が丘」や「ジェーン・エア」を書いた
ブロンテ姉妹が住んでいた 小さな田舎の村。

まずは ブロンテ姉妹の父親が勤めていた教会
ハワース パリッシュ チャーチへ
D58A57E0-05ED-4B35-A214-38057815E134.jpg


ブロンテ一家は この教会の
床下に 埋葬されているそう
9D8DBEBA-8FFC-47BE-9587-CB6BD3DBF6FE.jpg
ここね うす暗いし
湿った埃の匂いがするから
怖かったわ。

なのに 教会と墓地の間の 散策用の小路を
それも こっちは お墓の上を歩いて良いそうで
ツアコンさん お墓の上を歩いていくのよ。
教会と墓地の間に散策用の小路
ビビりな私は 無理無理と 
遠回りしたわ


で、ブロンテ博物館
1F646DA3-8604-4CE5-9B53-50D4DC5766A9.jpg


博物館の横の丘を上がっていくと
嵐が丘の舞台ともなったムーアが広がってて
ヒースの花が咲いているらしいが
それは 旦那に任せて 私はパス
嵐が丘か


メインストリートまで 戻ってきて
同じツアーの人と お茶しました。
64C611B6-0AC8-4E9C-B697-3A69063B2EED.jpg
ブロンテ姉妹の時代からある薬店↑

お茶の国だけあって
飲み物は どこでも 美味しい。
飲み物は ね。

次は マンチェスターに
向かいます。

貴方のワンクリックが
こんな私の 更新の励みになります。
よろしくお願いします

にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、57歳の主婦。
旦那、社会人の2人の息子の4人家族。
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
目標の標準体重(54.9kg)以下に ほんの一時期なったんだけどね ><

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。