FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

義母の入院

義母には、糖尿病という 持病があって
義父の13回忌の頃(2012年)には
足がむくみのため 痛くて
移動するのが 辛そうだった。
IMG_4244_1.jpg
管理センターの前に座る義母

その後の米寿のお祝いの時には
移動は 車いすになっていた。

今年の春 退職して 時間あるのに
なぜか 1人で行くのを渋る??旦那に
「行きたくても 皆は 仕事がある」と
背を押した。

すると もう 母は
トイレとお風呂以外 ほぼ ベットの上で
外出は 医者に行く時だけだった。

さらに 11月の初め 発熱し
食べれない 動けないということで 入院。
で、実子三人 九州に集まって
延命 どこまでするか?と 会議だ。

老々介護って 悲壮なイメージがあるが
老介護3人

男の実子が 仕事 引退してて
親のため 3人で 動けるというのは
嫁、まじ 助かるよ…


さて 旦那たちが 病室に行くと
母は 眠っているのか 起きているのか
よく わからない様子だったそう。

しばらくすると 担当医に呼ばれて
「もう 老衰の状態です
たぶん 今月いっぱい …
年越しは 無理でしょう」と。

旦那たちが
「過度の延命治療を 望まない」と 言うと
「点滴で 様子を見ていきましょう
看取りまで みますよ」と 言われたそうだ。


帰ってきた旦那が そういうので
いつ何時でも 帰れるよう
キャンセルできない ある用事以外、
忘年会などは キャンセルした。

と しつつも
Xデーは まだまだ 先じゃないかなとも
思っている自分もいた。

いつも こっそり 読まさせていただいている
某有名介護ブログの管理人の義母様、
今年の1月に 母と似た状態で 入院。

点滴と酸素吸入で 容態は安定しています。
ただ 呼びかけても 反応は薄いまま 11か月

旦那のテニス友のYさんのお父様は
脳梗塞? 脳出血?で 倒れて
点滴と酸素吸入で もう2年も 入院してみえる。

この国の 医療は 優秀なので
寝たっきりになってからが 意外と長い。

母も なんとか 年を越せそうだ。


ぽちっと 応援して頂けたら 
更新の励みになります

にほんブログ村
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ