FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

運のない人

先日 今年初めての  ミーティングがあり
嬉しいことに 尊敬する 副センター長さんも
出席された。

副センター長さん いつものように
「最近 見つけた 皆さんの嬉しかったことを
教えてください」 と 言われた。

→ 『嬉しいを見つけましょう


私は 『2019年抱負』で 書きました
今年の抱負 その2

このまま 放置してたら
この先 やばくなる と 思ったことは
即 対処する
に 気付けたことを
グチ多しで(←おい!
嬉しかった と 話しました

するてーと
私の後 3人ほど 続かれた方が
私と同じく 嬉しかった と 言いつつ
グチ多しが続きました

すると 副センター長さんが
「運のない人って いますよね?
そういう方って みていると
こういう方で…と 話された 6パターン

そのうちの 1つ
面倒くさがりな人の話』には
考えさせられました。


少しでも 「負担」とか
「面倒だな」と 思ったら
全力で 逃げる方って いますよね?

例えば 飲み会の幹事とか
PTAの役員とか

もっと 細かいことを言えば
リビングに置いてあるティッシュ、
使い切ったら 新しいティッシュを
用意するというような 『名もなき家事』とか

職場のコピー機の用紙を補充するとかの
『名もなき仕事』を 避けるタイプ。

もっともなのが 親の介護のキーパーソンから
「今日半日だけ お願いできない?」と
頼まれた時に

理由を あれこれ付けて
頼んだ方が 「じゃあ、もういいです」と言うのを
待っているタイプも これに当たるらしい。

このタイプの人って
副センター長さん 言うには
運のない人に なっていくんだって。

本人は その場では「ラッキー!」と
思っているだろうが それは違う。

なぜなら いろんな学びの機会を
「面倒くさい」という理由で 避け続けているうちに
成長を止めてしまうからだ

運って ほとんどが
人が運んでくるものでもあるから
めんどくさがらずに かかわっていかないと
いけないんだよと 言われた。


でも 介護ってね、
健康な心を脅かすから
怖いんだよ

私 実母は
逃げれるものなら 逃げたいんだ。


そんな日の帰り道、
去年 行った 『橋下徹氏の講演会』で
最後に 男子高校生がした 質問に
橋下氏が返した 回答を思い出した。

1つは 国は もっと教育に 金を使ってほしい
2つめは 将来 絶対に使うことのないと思う
科目の勉強させられること。

1つめの 回答は 前に書いた通りで
2つめの 回答は 学校の勉強で 大事なことは
社会に出た時に 必要な 要領の良さ
学ぶことだと 言われた。

社会に出たら
やりたくない仕事も しなければならないし
決められた量を 期限内 納めなければいけない


だから 学生のうちに
やりたくない勉強でも
やりこなす 要領よさを

めんどくさい 提出物でも
期限内に 納めれるような
要領よさを 身に着けてほしい 
と 言われたんだ。


私 学生時代は 苦手な科目は 努力せず
やりたくない提出物は 適当に出し
今度の定期試験は 頑張ると言いつつ
何も 工夫せずに 過ごしてた。

だから 今現在 しょっちゅう
私って 要領悪いなと 思うし
今日は ついてないやと 思うこと
しばしば 柴田恭兵(ファンの方)です。


今から 運のいい 要領よく
生きられる人間になれないか? と
模索していたら

毎日 お邪魔している なとみさんのブログで
紹介されていた ご本、
琴線に触れたので 買ってみた
無理なくできる親の介護

この本 メチャクチャ いいです

介護の波が そこまで来ている我ら、
そして 介護真っ最中の方は もちろん
まだ 介護は先のことと 思っている方にも
おすすめです。

まず 自分に アンテナを 設置するんです
もっと楽になる (2)
すると 情報が 自然と 集まってるので

楽になっていくんだって
もっと楽になる (1)


途中 激しく そう、その通り!と思ったのは
何を知っているかではなく
誰を知っているか?
 が 重要ということ。

私のメインの仕事、
『K先生による 問題を抱えている
20才以上の子を持つ 親の勉強会』の
お手伝いしている時 よく そう思うんですよ。


読んで 伝えたいな!!と思ったのが
無理のない介護を 実現するために
甘え上手になっておくこと…
頼れる人には 頼るべし だぜ。


あと なるほどと 思ったのが
介護を終わった方に
「介護を経験して 良かったと思うこと」と
アンケートすると 1番目の答えが

「介護を経験すると 自分自身の
老後を考えるようになる」だって


副センター長さんぁー
あの時 あなたが 言いたかったことは
これですか?


ぽちっと 応援して頂けたら 
更新の励みになります

にほんブログ村
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

めんどくさがりですが

こんにちは。

私、介護は実母と義父の2度経験しています。
思い返せば、それぞれ理由はあったにしろ、
ほぼほぼ兄弟姉妹の協力は得られませんでした。

でも、逃げた相手が運のない人?とは思えず、
当時は辛くて、何度も一人泣いたし、
自分はなんて運がないんだと思ってました。

でも、今は何も後ろめたさはないし、胸を張っていられる。
逃げなくて(逃げられない状況だったけど)
良かったと思っています。

自分の老後についても何もしなかったより、
色々知識や情報が残っているし、はたして運が悪かったのか
良かったのか?なんて、すぐには分からないのかもですね。

最後の本、良さそうですね。
「介護」も「片付け」も自分がやらなくてもいいことは、
手放していいんだと思います。
(人に押し付けるのではなくね

まだあと一人(義母)残ってるし、もたもたしてると、
自分の事でも必要になるかも。

返信

マリラさんへ
やっぱり 介護しなくて済む人は
運がいいと 思ってしまいます。

K先生も 自分の親も 義理のご両親も
40~50代で ぽっくり 亡くなられているので
今60代ですが バリバリ 仕事されていますもん

本 いいですよ。
役に立つ情報が いっぱい あります。

特に 高齢ドライバーの章と
最近 母に出てきた 物取られ妄想の章は
私には ありがたかったです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ