FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

閉鎖病棟 ―それぞれの朝

最近の母が 心配だ
暴言を吐くのは 昔からだが
被害妄想が ここ数年 ひどい 

ついに先日
「家に 可愛い女の子がいる」と
言ったのよ  

怖い怖い

ケアマネージャーさんに 電話すると
物忘れ外来に 行くようにと言われた
ほっとくと あっというまに
精神科病院に 入院となるよと 言われた

また あとで 書くが
そうは簡単に 物忘れ外来には
連れていけないんだ

怖くなって 介護ブログを読みまくると
実母の暴言&暴力に 困っているが
かかっている物忘れ外来のドクターに
「精神科病院に入院させなさい」と言われ
見学に行ったら ここに入れるのは嫌と思い
今も 1人で 苦しみながら 在宅で
介護されているブログに出会った


そんな時に テレビから 流れてきたのは
「閉鎖病棟 ―それぞれの朝」のCM
閉鎖病棟

ブロ友のどんぐりんさんも 観たそうで
勝手ですが 背中押された気がしたので
観てきました。

この映画、、話しが ほんとーーに 重い重い
冒頭から ずっーーと暗いの

大好きな綾野剛さんが 出てくるから
わーいと思って観たが 始まってから
20分くらいで 帰りたくなった


と 同時に 突っ込みどころ 多すぎで
昔 叔母が 壊れて→
見舞いに行った時のことを思い出し
この病院 セキュリティーやばくない?

叔母が 入院してた 2009年でも
もっと しっかりしてたよと思った
家に帰って 調べると
この映画の原作は 1994年に発刊!

この当時は 仕方がなかったのか?
今なら あんな悲しい事件は
起きなかった?



 

にほんブログ村
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

そーか そんな古い小説なのか。
(ついこの前なのに1990年代って(涙))
高齢者が受け入れ施設がなくて とりあえず精神科病棟にはいってたと言う話も聞いたことあるけど…
あんなに 老若男女幅広くはいってらっしゃるのねと思ったわ。
そして 見るからに粗暴そうな男はなんで入院してきたのかしら?自由にひとりで行動させていいのかと突っ込んだわ(笑)危ないって顔に書いてあるもん。家ならチャンネル変えてるとこだ。まあ そうでなきゃ映画が展開しないけどさ。

それより ふーこさん 問題山積みなんだね。

返信

どんぐりんさんへ
今ね 最後が 精神科病棟というの
すごく 増えているってよ。
刑務所も 認知症で オムツっていう方が
増えているそう

しげむねって やくざで シャブ中らしい。
そんな方と 同じ病棟なんて
絶対 いやよね

そう、問題山積みだよ
トホホな毎日っす
でも 同居じゃないから まだいい

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ