FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

物盗られ妄想って何なんだ

8/29 息子を 泥棒呼ばわりされて
怒り心頭の私 プリプリしながら 家に帰ると
家の前で お隣の件で お世話になった
ご近所の山さんに 会った。

山さんは もと看護師
それも 有名な病院の婦長さんだったの

そのうえ これまた 近所に住む兄夫婦と
同居してた 母親が 認知症になって
ご苦労された経験があるので
前から 母のことを 相談してた

なので さっそく
母の物盗られ妄想のことを話す。
初めは 10年位前 会社の従業員さんだった。
が、あったこともない人なので 事実はわからない

5.6年前からは 同居している父が
お金を使わないようにと カードを隠した、
遊びに行かないようにと 車の鍵や眼鏡を隠した、
などと 頻繁に 言うようになった。

で とうとう 私の息子だ!!
それも 言い方が 憎たらしい
と 言うと


存命中 山さんのお母さんも 意地の悪そうな顔で
「ほいほい 聞いてくれ」と 寄ってきて
告げ口いらすと

「うちには 泥棒がいるぞ」とか
「盗人○○○に 財布 盗られた」と
言ってきたそうだ


山さんが言うには 物盗られ妄想って
原因は 記憶力の障害からなんだけども

今までのように 思い通りに 
管理できないことへの 自分への苛立ちに加え
探すとか 再発行とか
家族の手を借りることへの劣等感もあるのに

「また、なくしたのー」と言われたり
「今 忙しいから 待って」と 言われたりして
私のこと 馬鹿にしているとか
私って 可哀想とか 思い
被害妄想に おちているらしい


山さんのお母さんって
財布がなくなって 困っていたの

だから そこに 寄り添って 山さんは
まずは 「困ったねー」と共感

「今日のところは これを 使って」と
用意していた 財布に 少額のお金を入れて
渡していたそうだ

そうすると 落ち着くんだってよ

お母さんが 亡くなって
部屋を片付けたら あっちこっちに
財布が 何十個 隠してあったのを
発見したって

だから 認知症には
怒ったら ダメと言われたんだが…


私 父が 疑われた時は
母に 一緒に 探そうと言えたが
息子が 疑われた時は
とにかく かぁっと なった

母が 被害者で 可哀想なんて 思えない。
私は あの人から 被害しか 受けていないのに?
ぜんぜん わからないよ、山さん…


それに うちの次男は 私の子なのに
不思議なことに 頑張り屋なので
勉強も運動も できたので
母の自慢の孫だった

ずっとずっと 自慢してじゃん
なのに 母は 今 あの子を疑うの?…


すると 山さん 「昔 認知症になると
一番信頼していた人を疑う傾向がある」と
教わったし 私も 経験もしたよ

きっと ふーこさんのお母さんは
次男くんのことが 大好きで
信頼していたのでしょう」と言ったよ


なんだ それは?甘えか?

わからん わからん
何一つ 山さんの言うことが わからないので
なにも 受け入れられない

なんなんだ 物盗られ妄想って?
なんなんだ 認知症って?
この先 許せない母と
どうしたらいいのか わからないよ



こんなバカ 応援できないと思いますが
でも ポチいただけると 更新の励みになります
 

にほんブログ村

知ってるよ、ここはまだ
介護の入口だということは。
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんにちは。

うちの場合、物取られ妄想は無かったんですが、
いつも私が「怒っている」と言うようになりました。

すぐ前まで一緒におやつをたべ、お茶を飲んでいたのに、
私が別な事を始めて、母に目を向けなくなると、
「何怒ってるのっ?朝からずっと口きかない!」
と、何度も何度も何度も言われました。

私だって自分の事を犠牲にしているのに、
なんでこんなこと言うのか?と怒りがこみ上げましたが、
今思えば、前後の事をどんどん忘れてしまい不安だったかな
とか、私の中にある母に対する不満や怒りや諦めなんかの
感情が分かっていたのかとか、思ったりします。

それも十数年たった今だから言えることで、
渦中にいるときには理屈や理想なんて理解できるものでも、
素直に受け入れられるものでもなかったです。
頭で分かっていても感情に走ってしまうものです。
今までの色々な事も心の中には残っていますしね。

だから身内の介護は難しいんです。
私もそうだったから分かります。

介護はひとそれぞれ、理想や理屈が誰にも共通では
ありません。
正しくないかもしれない自分も許していいと思います。
その上で、自分なりの介護を見つけていけばいいと思います。

応援してます。

返信

マリラ さんへ

物取られ妄想、なかったのですか?
羨ましいです

高齢者の短期記憶の障害って
介護者には 辛く 試練です

私のいとこのケアマネジャーさんも
「身内の介護は難しい」というわ

いろいろと 救われる コメント、
ありがとうございます。
また 頑張っていきます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ