FC2ブログ

波瀾万丈な 私のダイエット人生

ただ やせたいだけなのに トラブル連続の毎日。最近は親の老いが心配です

超高齢化社会

9月3日 市民病院に入院してたS伯母が
リハビリ病院に 転院することになった

10時に 退院なので
病院に 15分前に着けば いいだろうと思い
それに 間に合う時間に 実家に迎えに行くと
母は激怒して 玄関前で 仁王立ち!!

伯母が できないので(←そうなんだ?
母がさせないだけなような気がするが…)
我々で 10時まで 病室を片付け
退院の手続きを終えないといけないのに
15分前じゃ ダメでしょ?と カンカン

なら 前もって
打合せした時に そう言えよ!


でも 10時前に ちゃんと 片付け出来た。
が 会計が遅れてて 出発できない

頼んであった 福祉タクシーさんが来るし
転院先のリハビリ病院の予約時間は迫るしで
母は ピリピリ イライラ

やっと 看護師さんが来ると 母は
叔母の財産管理している「特養に渡して」と
渡された請求書を ろくに見ず 手提げにIN!

さらに リハビリ病院の受付に出してねと言われた
書類も見ずに ぐちゃと 手提げにIN!
念のため 入れた位置を覚えておいた


リハビリ病院に到着すると
母は 張り切って 受付に行ったが
案の定 書類が見つけられず パニックー
手提げを取り上げ 代わりに 書類を出した。

次に 保険証を請求されたが
これが 手提げの中にはないー
また パニックになった母、カウンターの上に
手提げと自分のバックの中身を出したよー

でも ない、ない、どこにもない!

ふと 初めに 伯母を 市民病院に
連れてきてくださったのは 特養の方~
もしかしたら 特養にあるかも と思い 言うと
受付の方が 特養に 電話してくれた

すると 特養にあり
コピーを FAXしてくれたので 解決したが
あとで 保険証は 特養で預かっていると
母には 話してあったと聞いたよ


次は 担当医との面談。
市民病院でも そうだったが 母は
短期記憶がヤバいのに メモを取らない
だいたいが 手帳もペンも 持っていない

そういえば 最近 買い物に行く時も
メモなしで 行くようになった
とうとう メモを取ることの意味も
忘れたのか?


担当医との面談のあとは
看護師さんと 面談だった

看護師さんは 伯母が 特養にいつ入ったか、
転んだ日は いつか?
手術の時 入れたボルトは 何か?と
(もし MRI検査が必要になった場合のために)

いろいろと 聞いてきたが
84才の母と70後半のH叔母が
答えられるわけない!

私が なんとか 手提げの中に
ぐちゃぐちゃに入ってた書類を見て 答えた

母も 母を過信してた私も 悪いけど
超高齢化社会の この国だもん
病院同士で もうちょっと 密に
情報共有してもらえませんか?


面談後、病棟を あれこれ案内された。
予想通り 入院されているのは
9割が お年寄りだったよ
整形外科 としおり

伯母が 車いすごと 体重をはかった後
病室に 案内されたので
荷物を 整理していると

初めは 看護師さん数名、その後
介護士さん、作業療法士さん、理学療法士さん
栄養管理士さん 最後に 歯科衛生士さん、
10人くらい 伯母に会いに来た。


よく うちのセンターの先生たちが
年寄りに 手厚いのはいいのだが
子どもにも もう少し お金と人
かけてもらえないか?と 怒っているんだ!

今 児童相談所は 人手不足が 深刻で
1人の職員が 何十人も 抱えているんだよな と
思っていると

市民病院から 電話があり
返さないといけなかった備品があったそう。
探すと 叔母の荷物の中にあったので
母と 市民病院に向かった

その後 特養に 車を走らせると
母が 「なんで 行くの?」と聞くから
「朝 市民病院から貰った
請求書を持っていくんだよ」と 答えると

母は、「あ、そうか そーだったねー
あっはははー」と 大声で 笑った

こりゃ ダメだ
母じゃあ 無理だわ~

S伯母には 子どもがいないので
頼りになるのは(ならんが)母と叔母しかいない
なので 伯母が 特養に戻る日まで
付き合おうと 覚悟を決めた。

ただ 週2回 入浴に合わせての
洗濯物の交換までは できないので
月5000円払って 洗ってもらうことにした。


そんな私も 59才さ
超高齢化社会って 大変だと思う


応援ポチしていただけると 励みになります
 

にほんブログ村
スポンサーサイト



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんは、50歳の主婦です。年齢と共に物忘れも多いこの頃、他人事とは思えないです。
ほんと超高齢化ですよね。
又訪問しますね。

こんばんは。

うちも義母は80歳で来月も病院に付き添わなくては
なりません。
そんな私も去年から膝と腰を傷めて、夏に手術を
受けていなかったら、それも無理でした。

私も68歳ですからね、人の事より自分が危ない
お年頃ですが、目の前に老々介護が迫ってます。

返信1

ゆりりん さんへ
おはようございます

ご訪問&コメント
ありがとうございます。

整形外科は お爺さんお婆さんばかりで
伯母の特養は 90才の方が ほとんどでした
超高齢化社会ですよね

返信2

マリラさんへ
おはようございます

マリラさんも 病院の付き添いされてますよね
お互い 時間取られますが 頑張りましょう

叔母の特養では ほとんどの方が 90歳以上ですので
83才の母は わか~~いと言われますv-388
怖い世界です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

furufuru ふーこ

Author:furufuru ふーこ
私は、59歳の主婦。
2人の息子が独立したので
旦那と2人暮らし
2009年の2月、158センチ72キロで、ダイエットスタート。
一時目標の標準体重(54.9kg)以下になったんだが リバンドしました

月別アーカイブ